無印良品の隠れた名品「ポケット」!ファイルボックスが劇的に使いやすく
  • この記事を
    シェア

2018.05.16

無印良品の定番収納アイテム、ファイルボックス。シンプルでしっかりとしているので、入れるものを選ばずさまざまな場所の収納に利用できます。
このボックスに引っかけて使用できる「ファイルボックス用ポケット」という便利なアイテムがあるのをご存知でしょうか。

「小さいものほど『指定席』を決め、取り出しやすく収納することが大切。ファイルボックス用ポケットは小さいものの収納にうってつけなんです」と教えてくれたのは、整理収納アドバイザーの清水幸子さん。
そこで清水さんのお宅の、ファイルボックス用ポケット活用例を見せていただきました。

ファイルボックス用ポケット

無印良品の「ファイルボックス用ポケット」で、こまごまとしたものが迷子にならない!

無印良品の「ファイルボックス用ポケット」は全部で3種類、1個150円~190円で購入することができます。
手ごろな価格なので収納に取り入れやすく、買いたししやすい点も重宝する理由です。

●洗面所でオーラルケア用品のストックを収納

内側に取り付ければ、ファイルボックスのサイズはそのままで、中を使いやすく仕切ることができますシンプルにファイルボックスの内側に取りつけて使えば、中を使いやすく仕きることができます。

わが家ではオーラルケア用品のストックをファイルボックスに入れているのですが、ポケットを取りつけて糸ようじを入れています。
そのままファイルボックスに入れた場合、底のほうで迷子になってしまいがちですが、こうして指定席をつくってあげれば取り出しやすくて便利。

●見た目にうるさい配線の目隠しに

スマホ充電ステーションごちゃごちゃしがちなコード類。電源タップ、スマートフォンの充電器、スマートフォンをまとめてファイルボックスに入れれば見た目すっきり!

配線隠しここで使用しているのは「ファイルボックス・スタンダードタイプ・1/2」と「ポケット」の2つ。ポケットに充電中のスマートフォンを入れています。

●書類、ペン、ラベルをセットで収納

ペン立てと併用書類を入れたファイルボックスには、ポケットとペンポケットを取りつけ、書類整理に使うペンやシールを入れています。
一緒に使うものをセットにしておくと、作業する場所までまとめて運べるので、作業の効率化にもつながります。

マグネットバーと組み合わせて、「今ここにあれがあれば」を解決!

ファイルボックスと組み合わせずに、単体で使っても便利。ペンや印鑑などの細かいものが散らかることなく、必要な場所に収納できます。

●マグネットバーと組み合わせれば使い道が広がる!

冷蔵庫側面マグネットバーを一緒に使えば、使い道が広がります。
わが家ではバーにポケットをひっかけ、冷蔵庫の側面で使っています。キッチンで使う買い物メモやペンを取り出しやすく、すっきりと収納できています。

●朝使うヘアケア用品入れに

細かいもの洗面所でヘアケア用品をアイテムごとにポケットに収納するのもおすすめ。
ここでは洗濯機の側面にプレートをはりつけ、そこにポケットを引っかけています。取り出しやすくなくしにくいので、忙しい朝の時短につながります。

●玄関ドアに取りつけて印鑑や鍵を収納

玄関玄関ドアにはマグネットバーを貼りつけて、「仕切付ポケット」を引っかけました。
こちらはほかのポケットより浅いので、印鑑や鍵など小さいサイズのものを収納するのにピッタリです。
宅急便が届いたときにすぐ印鑑を取り出せるようになりました。

シンプルなデザインなので、いろんな場所にぴったりはまってくれる「ファイルボックス用ポケット」。ぜひ試してみてください!

●教えてくれた人
【清水幸子さん】

整理収納アドバイザー。夫と長女と海辺のマンションで3人暮らし。ブログ「お部屋スッキリ」、インスタグラム@oheyasukkiriで使いやすい収納のアイデアを発信中。