100円DIY術 キッチンペーパーホルダーとボウルがおしゃれ帽子かけに
2018.04.04
暖かい季節になるにつれ、部屋の中を涼しげなインテリアにしたくなるもの。そこで、100円ショップのアイテムで、ちょこっと模様替えを楽しんでみませんか? ほんの少しの工夫を加えるだけで、とても100円には見えない、写真映えするインテリアをつくることができます。

100円アイテムはモノトーンや透明素材でそろえると、一気に高級感が出る

「ポイントは色です」と教えてくれたのは、DIY名人で、100円グッズのインテリアや収納アイデアをブログやSNSで発信している白石明美さん。
北欧モダンスタイルでまとめられた自宅は、じつは100円グッズだらけ。鍋敷きやキッチンペーパーホルダーをスタイリッシュに変身させるアイデアを教わりました。

●置き物やボックスはペイントして大人っぽく

ボックスをペイントペイントした置き物やボックスをランダムに並べれば、シックな空間をつくることが可能。左の2つは、ナチュラルな木箱を白、グレー、シルバーでペイントしたもの。右はフタのみ白でペイントしたもの。同じ木箱でも、色でこんなに表情が変わります。

置物「一見チープな動物の置き物も狙い目アイテム。これはフクロウの置物をペイントしました。あえてすべて白やシルバーで塗ることで、スタイリッシュな雰囲気に仕上がります。高価な置き物を買う必要はありません」
壁のアクセント内側を取り外しても使える六角形のコルク鍋敷きを、壁の飾りとして使用。「幾何学の図形っぽいデザインが殺風景な玄関の壁をおしゃれに演出してくれます」
鍋敷きこちらはペイントする前の状態。白とグレーでペイントしてクールに仕上げました。
●ショルダーバッグを鉢カバーにしてかっこよく

鉢カバー「縦長の布製バッグは鉢カバーにぴったり。太字のロゴがアクセントになり、かっこよく決まります」。肩ひもを結ぶことで、ラフな印象をプラス。

●シルバーのハンガーを雑誌ホルダーに

雑誌ホルダーアルミ製のハンガーを壁につるし、雑誌ホルダーとして使用。「シルバーなので、そのままでスタイリッシュ。お気に入りの雑誌をかけ、飾りながら収納しています」

●アクリルケースに身支度品を入れショップ風に

アクリルケースハンカチやメガネをひとつずつアクリルケースに入れて、お店のようにディスプレー。「アイテムが選びやすいうえ、スタッキングできるので見た目もすっきり」

●ネットバッグで玄関に収納をプラス

ネットバッグバッグを使って、シューズキーパーを壁面収納。「子どもっぽくなりがちなネットバッグもグレーを選べば、落ち着いた印象です」。壁が透けて見えるので、圧迫感が出ずすっきりとした印象に。

●キッチンペーパーホルダーとボウルでしゃれた帽子かけ

帽子かけかさばりがちな帽子は、ハットスタンドに収納すればすっきり。ハットスタンドは、キッチンペーパーホルダーに、ボウルをかぶせただけ! 

帽子かけ「ボウルは強力接着剤で固定しました。台座の黒色が空間の引き締め役に」
●包装紙をブックカバーにしインテリアになじませて

ブックカバー白とグレーの包装紙を本のカバーにし、見た目のごちゃつきをカット。「ドットやストライプでなく、チェックの柄を選ぶと、大人っぽい雰囲気がつくれます」

●教えてくれた人
【白石明美さん】

夫と長男の3人で築22年の4LDKのマンションをセルフリノベーションして暮らす。おしゃれで使いやすい100円グッズのインテリアや収納アイデアを、インスタグラム(@achipetit)やブログ「築22年をセルフリノベ!DIYと収納見直しで丁寧に暮らす心がけ」で発信

<撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>