100円のちょうちんが北欧風の照明に!お手軽、大人インテリアのすすめ
2018.03.26
  • この記事を
    シェア

新生活となれば気分も明るく一新したいもの。これを機会に、部屋のインテリアをちょっと見直してみませんか?

参考にしてほしいのが、100円ショップのグッズを使ったアイデアです。今回ESSEでは、北欧モダンな“大人空間”を100円グッズでつくり上げた白石明美さんのテクニックに注目! 壁や棚に100円グッズをちょいたしすることで、おしゃれな空間に仕上げる方法を教えていただきました。
これから紹介するワザが全部100円グッズで実現しているなんて、あなたは信じられる?

リビング

ものたりなかった白い壁を、大人っぽいインテリアに演出

築22年のマンションをセルフリノベーションしたという白石さん。リビング一角の白い壁とベンチ(写真左)を、ディスプレーコーナーのように演出しました。

●元はちょうちん!DIYで羽根をつければ北欧風の照明に大変身

照明100円の和風の紙ちょうちんに、同じく100円の羽根をペタペタはれば、デザイン性のある北欧風ライトが完成!「羽根のかたい軸」部分に木工用ボンドをつけ、重ねるようにひたすらはっていきます」。

ちょうちんちなみに白石さんの場合、ちょうちんひとつに、羽を5袋分を要したそう。ちょうちんのサイズとのバランスを考えながら、必要なだけ羽を購入しましょう。
●白い陶器の小物を並べればたちまち北欧テイスト

陶器の小物壁に飾っているのは、フラワーベースやキャンドルホルダー、そしてなんと盛り塩の型です!
「白い陶器のアイテムで統一して、上品で重厚感のある大人な雰囲気にしています。さらに四角や丸、三角といった図形をイメージしたものを選ぶことで、クールな印象もプラス」
アイテムの背の高さを変えていくことで、視覚的なリズムが生まれるように工夫をしました。

●黒のクッションカバーでほどよい甘辛バランスに

クッションカバー白でそろえたクッションカバーに、黒いカバーをひとつ交ぜることで、甘すぎないシックな雰囲気に。「重くなりすぎないよう、黒色のなかでも光沢のあるデニム生地を選んで、ほどよいアクセントにしています」。

アイテムの色や形を統一して、煩雑に見えがちな収納コーナーをすっきり見せる

リビング脇の棚こちらはリビング脇の棚。日用品のストックを収納するほか、書類の整理なども行うスペースとして活用しています。
視界に入ったときに全体がすっきりするように、ものの仕分けに使っているボックス類の色や雰囲気を統一。いつも整って見えるようにすることで、日頃からきれいにしておこうというモチベーションも上がります。

●シンプルな白いボックスに収納すればスタイリッシュ

白いボックス大小の白いボックスは、重ねて四角いブロックのように整然と配置。
「スタイリッシュに見えるのは、マットな質感で、ムダのないシンプルなデザインのものを選んでいるから」
たくさんのものを並べて使っても、さりげない存在感のアイテムを利用しているので、圧迫感が生まれません。ちなみに、サイズ違いの3つ、すべてが100円。中にはカメラや薬、ダスターを収納しています。

●スクエアケースに衛生用品をすっきり収納

スクエアケース「数ある収納ケースのなかでも、角ばったフォルムのものは見た目がすっきりする傾向があります」。ちなみに白石さんが100円ショップで選んだものは、片手でつかめるコンパクトなサイズで、マスクやポケットティッシュにジャストフィット!

●ゴミ箱代わりのおしゃれな紙袋を使って、生活感を一掃

ゴミ箱代わりの紙袋生活感の出るゴミ箱の代わりに、ペーパーバッグを利用しているという白石さん。ゴミ箱が目につかないというだけで、部屋のおしゃれ度がぐっとアップします。ゴミ箱自体がなくなったわけではないので、もちろん使い勝手はそのまま。
「海外のインテリア写真を見て参考に。中にビニール袋を入れて使っています」。グレーのきれいめロゴが空間にマッチ。

<撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>