100円グッズで「見せたくなる部屋」に!北欧風オブジェはプチDIYでつくれる
  • この記事を
    シェア

2018.03.23

白を基調としたなかに、シックな色を効かせた「北欧モダンスタイル」のインテリア。流行を超えた定番人気のスタイルです。

今回は、インテリアについての情報を発信しているインスタグラマー・白石明美さんの、北欧モダンスタイルでまとめた部屋をご紹介します。部屋のアクセントになっているアイテムの多くを100円ショップで調達したというから驚き!

白石さんおすすめの100円グッズと、簡単にできるプラスワンDIYテクを見せていただきました。

色と形にこだわったアイテム使いで北欧モダンな大人空間に

リビング「もともと色を絞った大人っぽい北欧インテリアに憧れていました。海外の雑誌やインスタグラムを見ていると、白やグレー、シルバーといった落ち着いた色使いがカギだと気がついて。100円ショップに行くと、それらのアイテムが充実の品ぞろえ。これは使わない手はない! と、頻繁に通うようになりました」と白石さん。

インテリアグッズを選ぶ際には色使いのほか、形にもこだわっているそう。
「三角や四角、立方体、球体といった図形イメージのものも、スタイリッシュな雰囲気を演出してくれるんです。絵を描くキャンバスや木製キューブ、ちょうちんが使い方次第で北欧風に変身します」

そういった視点で見てみると、100円ショップにはまだまだ掘り出し物がたくさん。
「いかにお金をかけずに再現できるか、これからも100円グッズの可能性を広げていきたいです」

●ピンポン玉とLEDライトを使って間接照明に

ピンポン玉とライト海外の雑誌でよく見る丸い形がおしゃれなコットンボールランプを、100円グッズのピンポン玉とコード式LEDライトで手づくり。
「ピンポン玉に穴をあけて十字に切り込みを入れ、ライトを差し込んでいけば完成。ほのかな青い光が幻想的な空間にしてくれます」

デコレーションライト

ピンポン玉・卓球ボール6個入 各直径4cm、デコレーションライトホワイト 常時点灯タイプ 全長149cm(ダイソー)

●取っ手が曲線の白ボックスならおしゃれに収納力アップ!

白ボックス「このボックスは、白色で取っ手がくるんとカーブした品のあるデザイン。リビングに置いてもチープに見えず、インテリアにマッチするお気に入りのアイテムです」
ワゴンに並べ、雑誌やブランケット、リモコンなどを収納。

ラッセバスケット・ラッセバスケット ワイド ホワイト 25.3×18.9×高さ15cm(セリア)

●プラントハンガーでグリーンをつり下げて空間にリズムを

グリーンをつり下げプラントハンガーを2つ使い、グリーンを空中にディスプレー。
「鉢の高さをずらしてつるし、リズムを出すのがポイントです。寂しくなりがちな広い壁に、軽やかなアクセントを手軽につけられます」

プラントハンガー・プラントハンガー ビーズ付き 全長35cm(セリア)

●素焼きの鉢はペイントするだけでモダンなポットに

ペイントしたポット窓辺に並べたミニサイズの鉢植えのポットは3つセットで100円。表面をペイントし、ガラリと雰囲気をチェンジ。
「白やグレー、シルバーに絞り、直線でシャープさを出して塗ることで、グッとモダンな印象になりますよ」

植木鉢・素焼植木鉢3個入 各口径8×高さ7cm(ダイソー)

キャンバスに模様をつけ繊細なオブジェに
オブジェ絵を描くための白いキャンバスが、ランダムにカットすることでアートなインテリアグッズに。裏側に下絵を描いてから、カッターで切り抜きます。「縦や横でなく、斜めに切り抜くとおしゃれに見えるんです。等間隔にするとアラが目立つので、間隔をそろえないのもコツ」

キャンバス・キャンバスF3 27.5×22cm
*キャンバスSM 22.7×15.8cmは販売終了

※仕入れなどの状況によって同じ商品が店頭にない場合や、すでに販売が終了している可能性がありますので、ご了承ください。

●教えてくれた人
【白石明美さん】

夫と長男の3人で築22年の4LDKのマンションをセルフリノベーションして暮らす。おしゃれで使いやすい100円グッズのインテリアや収納アイデアを、インスタグラム(@achipetit)やブログ「築22年をセルフリノベ!DIYと収納見直しで丁寧に暮らす心がけ」で発信