ガタついたりあけにくい引き出しには「ろう」が有効!塗り方は?
  • この記事を
    シェア

2018.12.14

木製の引き出しは、重さや湿気で変形しがち。ゆがみやガタつきは、季節の変わり目に一度チェックをしておきたいものです。
DIYアドバイザーの嶋崎都志子さんに、引き出しをスムーズに開閉するためのお手入れ法を教えてもらいました。

引き出しのゆがみ・ガタつきを自分で直す!

●(1):側面にサンドペーパーをかける

側面にサンドペーパーをかける目の細かいサンドペーパー(180番など)を台所用のスポンジに巻き、引き出しの両側面にやすりをかける。
「スポンジに巻きつけると、力が均等に伝わります」

●(2):ぞうきんでからぶきをする

ぞうきんでからぶきをする(1)で出た木くずを乾いたぞうきんでふき取る。
「粉が残ったままだと、ろうがうまく塗れないので気をつけてください」

●(3):側面にろうを塗る

側面にろうを塗る木目に沿って引き出しの両側面にろうを塗る。

側面にろうを塗る「家にあるキャンドルでOKです。側面全体にこすりつけるように塗りましょう」

●(4):底面の縁にもろうを塗る

底面の縁にもろうを塗る引き出し底面の縁部分にも、側面同様にろうを塗っていく。

●(5):引き出しを戻して滑りを確認する

引き出しを戻して滑りを確認する引き出しを戻して滑りをチェック。
「どこかに引っかかりを感じたら、まだゆがみが残っている証拠。もう一度(1)~(4)を繰り返してください」

●こんなアイテムも!

引き出しの滑りをよくするための専用のろうグッズも。ホームセンターなどで入手できます。
スティック型で持ちやすいものや、一度に塗れる面積が広いものなど種類も豊富。引き出しだけでなく、障子やふすまの敷居にも使えるものも。

※建材や家具の素材によってはろうが使用できない場合があります。取扱説明書や注意書きを事前に確認してください。

●教えてくれた人
【嶋崎都志子さん】

DIYアドバイザー、インテリアコーディネーター。住宅メーカー勤務などを経て、住まいの補修やDIYリフォームを行う。著書に『住まいの修繕とメンテナンス―初めてでも、自分でできる』(成美堂出版刊)

<撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

住まいの修繕とメンテナンス―初めてでも、自分でできる


家が若返り、住みやすくなる!防犯・防災・バリアフリー対策にもお役立ち!