換気扇やコンロ回りの汚れもするっと落ちる!キッチン大掃除術
  • この記事を
    シェア

2018.12.28

大掃除の山場、キッチン。まずはガンコな油汚れのついた換気扇や五徳をつけおきし、その間、壁や床などを掃除するとスムーズです。

家事・掃除・住宅アドバイザーの藤原千秋さんに、換気扇・コンロ回りの掃除手順を教わりました。

キッチンの大掃除。最初に手をつけるべきは、換気扇・コンロ回り

1.換気扇のフィルターを酸素系漂白剤につけおきする

酸素系漂白剤
換気扇のフィルターは酸素系漂白剤につけおき
換気扇のフィルターや五徳、バーナーを外し、2枚重ねにしたポリ袋に入れます。ここに30~40℃の湯をはり、粉末タイプの酸素系漂白剤大さじ2を加えて口を結び、約1時間つけおき。

つけおきアルカリ性の酸素系漂白剤の力で、油汚れがゆるみます。排水するときは袋に穴をあければOK。

2.コンロ回りをセスキ水でふく

コンロ回り五徳やバーナーを外した状態で、コンロ回りの油汚れ落としを。ウエスにセスキ水をスプレーし、こびりついた汚れをふき取っていきます。

※セスキ水は、水100mlにセスキ炭酸ソーダ小さじ1/2ほどを溶かしたもの。スプレーボトルに入れておくと、使い勝手よし。使うときはゴム手袋をしましょう

焦げつき「焦げつきが取れにくいときや、コンロの縁など細かいところはメラミンスポンジを」

ラップにクレンザー力を入れなくてもきれいになるガラストップの場合は、クレンザーで汚れを落とします。
クシャッと丸めたラップにクレンザーをつけて、くるくると円を描くように優しくこすり洗いすると、汚れもすっきり。仕上げに水ぶきを。

3.換気扇フィルターを歯ブラシでこすり洗いする

換気扇フィルターポリ袋の端を切って水を排水口に流します。シンクに傷をつけないよう、つけおきしていたポリ袋を敷き、古歯ブラシでフィルターの汚れをこすり洗い。
「汚れがひどければアルカリ性洗剤を使っても」

すすいだあとは、しっかり乾燥させて戻して。ケガをしないようにゴム手袋が必須です

4.バーナーを歯ブラシでこすり洗いする

バーナーバーナーは細かい溝の部分に油汚れや焦げつき汚れがたまっているので、古歯ブラシでこすり落とします。
「ここに汚れがたまっていると、火のつきが悪くなるので念入りに。いつもきれいにしておけば、コンロが長もちしますよ」

5.五徳の焦げつきをステンレスタワシでこすり落とす

五徳五徳にも、焦げつき汚れがたまります。
「ガンコな汚れもステンレスタワシを使うと落ちやすく。力を入れすぎず、優しくこするようにして」
五徳、バーナーをすすいだら水気をふき取って戻しましょう。

6.レンジフードをセスキ水でふく

レンジフードウエスにセスキ水をスプレーし、レンジフードのベタつき汚れをふき取ります。

内側「フードの内側も、念入りに。油がたまりやすい縁の内側も、指先でウエスを押し込むようにしてよくふき取って」

●教えてくれた人
【藤原千秋さん】

家事・掃除・住宅アドバイザー&コラムニスト。All About「家事」「掃除」ガイド。『ズボラ主婦・フニワラさんの家事力アップでゆるゆるハッピー!! 』(オレンジページ刊)ほか、著・監修書多数。

<撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>

ズボラ主婦・フニワラさんの家事力アップでゆるゆるハッピー!!


『オレンジページ』人気連載「ズボラ主婦・フニワラさんの めざせ! 暮らしの達人」が一冊の本に! 暮らしの悩みの数々をゆるーく解決。<ズボラ主婦>のリアルな工夫やワザをマンガとエッセイで紹介。