段取り上手の浴室大掃除には「クエン酸水」が便利!
  • この記事を
    シェア

2018.12.24

掃除する箇所が多く、バタバタしがちな大掃除は、事前の段取りが重要になります。

「浴室の大掃除は、クエン酸水で鏡や蛇口など目立つところを湿布し、少しおいておくと、汚れがゆるんで落ちやすくなります。湿布している間にほかの部屋を掃除すれば、時間も有効活用できます」と話すのは、家事・掃除・住宅アドバイザーの藤原千秋さん。

ESSE読者が藤原さんに、効率的な浴室掃除の手順を教わりました。

浴室の大掃除には、クエン酸水で湿布が有効!

浴室の大掃除に役立つのが、クエン酸水。クエン酸は弱酸性で、水アカや湯アカなどの汚れに効果的。水100mlに小さじ1/2ほどを溶かすと、クエン酸水になります。

1.鏡と蛇口をラップとクエン酸水で湿布する

湿布鏡や蛇口のカルキ汚れにはクエン酸が力を発揮します。

ラップで湿布「クエン酸水をスプレーしてラップでおおい、15分以上おいて汚れをゆるめます」

シャワーヘッドシャワーヘッドは洗面器に水をはってクエン酸小さじ1を加え、つけおきを。

クエン酸水で湿布をしている時間は、浴室以外の場所の掃除に使いましょう。

2.天井やドア枠をふく

天井「天井には、カビの胞子が潜んでいることが。ウエスに消毒用アルコールをスプレーし、フロアモップにつけて天井をふきましょう」

ドア枠ホコリがたまりやすいドア枠も、同様に消毒用アルコールをスプレーした掃除用クロスでふいてすっきり!

3.湿布をはがし、鏡と蛇口、シャワーヘッドを洗う

鏡鏡と蛇口につけた湿布をはがし、湿布に使ったラップをクシャッと丸めてこすり洗い。カルキ汚れを落として磨きます。

歯ブラシできれいに「シャワーヘッドは、穴の回りを古歯ブラシでこすって。穴が詰まっている場合は、楊枝を使って詰まりを除きましょう」

4.浴室全体を浴室用洗剤とスポンジでこすり洗いする

浴室全体浴室全体を浴室用洗剤とスポンジでよく洗います。
「もし壁や床にカビを見つけたら、スポンジでこする前に消毒用アルコールをつけたウエスでふき取って」

※クエン酸など酸性のものと、塩素系漂白剤、パイプ用洗剤など「混ぜるな危険」の表示がある洗剤を混ざると有害なガスが発生し、命にかかわります。絶対に避けましょう

●教えてくれた人
【藤原千秋さん】

家事・掃除・住宅アドバイザー&コラムニスト。All About「家事」「掃除」ガイド。『この一冊ですべてがわかる!家事きほん新事典』(朝日新聞出版刊)ほか、著・監修書多数

<撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>

この一冊ですべてがわかる!家事きほん新事典

毎日の家事がラクになるコツが満載!ひと目でわかるプロセス写真つきで、家事のきほんをわかりやすく丁寧に解説