食べこぼしたシミが驚くほどキレイに取れる!家でつくれる「魔法水」って?
2018.01.05
  • この記事を
    シェア

外食やパーティの機会が多かった年末年始。いつの間にか食べこぼして、お気に入りの洋服にシミをつけてしまった人はいませんか? 「シミ抜きの神様」と呼ばれ、全国から依頼が殺到しているというクリーニング店の店主・横倉靖幸さんに、家でできるとっておきのシミ抜きワザを教わりました。横倉さん考案の「魔法水」を使えば、手ごわいシミも驚くほどきれいになります!

食べ物など色素が強いシミは「魔法水」で落とす

さあ、さっそく魔法水をつくってシミを落としてみましょう! 今回チャレンジするのは食べ物など色素が強いシミです。

効果のあるもの:しょうゆ、ソース、ケチャップ、カレー、コーヒー、紅茶、緑茶、牛乳、赤ワイン、ビール、草の汁、尿、血液、白カビ、緑カビ

●シミが落ちる!魔法水のつくり方

液体の酸素系漂白剤と重曹、食器用中性洗剤の3つを混ぜてつくります。

【材料】

・食器用中性洗剤
・重曹
・液体の酸素系漂白剤

【つくり方】

かき混ぜすぎると化学反応を起こして効果がなくなってしまうので注意し、つくったら3時間以内に使いきるようにします。

1.液体の酸素系漂白剤に重曹を加える

漂白剤に重曹ボウルに液体の酸素系漂白剤小さじ3を入れ、重曹小さじ1を加えます。粉末の酸素系漂白剤は成分が異なるので、必ず液体タイプを使ってください。

2.食器用中性洗剤を加える

食器用洗剤をイン食器用中性洗剤を3滴加えます。この割合がいちばん効果があるので、分量を守って。除菌効果のあるタイプは色落ちのおそれがあり、NGです。

3.軽く混ぜ合わせる

歯ブラシで混ぜる歯ブラシの毛の方を使い、軽く混ぜ合わせます。酸素系漂白剤と重曹が化学反応するときにシミを落とすので、混ぜるのは5周程度に。これでシミ抜き2、3回分の量ができます。

食べこぼしの多い子どもの服もきれいに

うっかり服につけてしまうことがもっとも多いのが食べ物のシミです。下洗いしてから洗濯機で洗っても、うっすら色が残るとがっかり…。そんな色素の強いシミに効果的なのが、上でつくり方をご紹介した「魔法水」。色素を壊す働きをする液体の酸素系漂白剤と、漂白効果を高める重曹、シミの再付着を防ぐ界面活性剤を含んだ食器用中性洗剤を混ぜたスペシャル洗剤です。3つの働きの相乗効果で、べっとりついたシミもすっきり。ガンコなシミや油分の多いシミにもひとワザで効果を発揮するので、ぜひ活用してくださいね。

●基本の落とし方
1.シミのついた生地の下にタオルを敷き、魔法水をたたき込む

たたき込むシミの下にくるようにタオルを敷き、歯ブラシに魔法水をつけ、シミの上から軽くたたき込みます。繊維を傷めるので、横にこするのはNG。

2.タオルをずらし、再び歯ブラシでたたく

たたき込むタオルに移ったシミと生地が重ならないところまでタオルの位置をずらし、同様に歯ブラシでたたきます。色移りしなくなるまで、繰り返してください。

3.水でよくすすぐ

水ですすぐ水の中にシミ抜きした部分を浸し、泳がせるように揺らしてよくすすぎます。その後、普段どおりに洗濯しましょう。

before:しょうゆのシミがベッタリ

しょうゆのシミこのガンコそうなシミがはたしてキレイになるのでしょうか?

after:落ちた!ここまでキレイになりました

落ちたブラウスの胸元に垂らしてしまったしょうゆのシミが、魔法水で処理してから洗濯すると、すっかり跡形もなく落ちました!

びっくりするほどシミが落ちる魔法水。シミが取れなくて困っていたら、ぜひ試してみてくださいね!

●教えてくれた人
【横倉靖幸さん】

茨城県で「クリーンショップ ヨコクラ」を経営。シミ抜きをはじめとする衣類のメンテナンス技術に定評がある。家庭で簡単にシミ抜きできる「魔法水」を編み出し、テレビや雑誌などで紹介され、話題に。月半分は全国を巡り、同業者に向けたセミナーを行う。著書に『魔法水でシミが落ちる!』(扶桑社刊)がある。

<撮影/山田耕司 イラスト/二木ちかこ 取材・文/ESSE編集部>

魔法水でシミが落ちる!


「シミ抜きの神様」と呼ばれ、全国から依頼が殺到するクリーニング店が考案した万能シミ抜き剤「魔法水」がついに書籍化!