答えはルウとライスの境目からすくいはじめるだった!本当に正しいカレーの食べ方
2016.05.29
  • この記事を
    シェア

 みんなが大好きなカレー。いまさらですが、きれいに食べる方法を知っていますか?美しさを考えずに食べ進めると、いつの間にかお皿がルウまみれとなり、あまり上品には見えませんよね。専門家に正しい食べ方を伺いました

食後、お皿がルウまみれになるのは間違いだった!

食後、お皿がルウまみれになるのは間違いでした【カレー】
ルウとライスの境目から食べ始める
 初めはルウとライスの境目から食べていきましょう。境目を食べ終えてライスとルウの距離ができたら、ライスの方をすくい、ルウに寄せて、つけて食べます。ルウとライスをぐちゃぐちゃに混ぜてしまうと、とたんに見栄えが悪くなってしまいますよ!

●きれいな食べ方のコツ◯

 ひと口分のライスをスプーンですくったら、ルウにつけて口へ。皿の中で移動をしていいのは、ライスだけ。食べ終わったお皿の汚れが少なくてすみます。

▲やってはいけないこと×

 ルウをすくってライスにかけると、お皿がルウまみれに。ルウがポットに盛られてきた場合は、最初に全部かけてしまわず2、3口分ずつかけながら食べて。

【小倉朋子さん】
食の総合コンサルタント。諸外国の食事マナーや文化を伝える『食輝塾』を主宰。作法や伝統色、食育、端文化、トレンドなど多様な視点で、あらゆる「食」を提案。近著に『私が最近弱っているのは毎日「なんとなく」食べているからかもしれない』(文響社刊)、『世界一美しい食べ方のマナー』(高橋書店刊)ほか

<イラスト/伊藤美樹>

私が最近弱っているのは 毎日「なんとなく」食べているからかもしれない

まったく新しい実践的食哲学。「エサ」が「食事」においしく変われば、あなたの心は強くなる。


世界一美しい食べ方のマナー

食べ方が変われば、美人に見える。7つの基本と48の実例であなたの食べ方が劇的に変わる。