ムートンブーツにはキッチンスポンジ!長もちするお手入れ術
ESSE編集部
2019.03.26

冬のコートやブーツをお手入れしたい時期です。家で手洗いできないものも、ちょっとしたお手入れや工夫でぐんと長もち。

ここではクリーニングのプロ・古田武さんに、素材別に方法を教わりました。

革のコートやムートンブーツ…家で洗えないもののお手入れ方法

●革のコート

革のコート
手洗いできないアイテムも、しっかりケアすることで長もちします
縮みやすく、風合いを再現することが難しい革の衣類。自宅で手洗いはできませんが、衿元などの汚れをしっかりケアしておくことで長もちします。

(1)首回りや袖口に撥水スプレーをかける

皮脂汚れなどがついた部分に撥水スプレーをたっぷりかける
必ず換気しながら行うこと
首回りや袖口など、皮脂汚れなどがついた部分に撥水スプレーをたっぷりかける。必ず換気しながら行うこと。

(2)タオルでしっかりとふき取る

タオルでしっかりとふき取るスプレーした部分をタオルでふき取ると、皮脂汚れなどがきれいに落ちる。

●ウールのコート

ウールのコート数回程度しか着ていなくてクリーニングに出すほどではないという場合、皮脂汚れなどをケアし、ブラッシングしてホコリを落としておくだけでもOK。

(1)首回りや袖口を撥水スプレーで処理する

首回りや袖口など、皮脂汚れなどがついた部分に撥水スプレーをかける
必ず換気をして行うこと
首回りや袖口など、皮脂汚れなどがついた部分に撥水スプレーをかけ、タオルでふき取る。

タオルでふき取る必ず換気をして行うこと。

(2)コート全体をブラッシングする

コート全体をブラッシングする洋服用ブラシで、まずは生地の目とは反対にブラッシングし、強めにホコリと汚れをかき出す。次に生地の目に沿って全体を丁寧にブラッシング。毛並みが整い、ツヤと風合いが出る。

●ムートンブーツ

ムートンブーツムートンやバックスキンのものは、スポンジでこすると汚れがよく落ちます。スポンジに色が付着するので、ブーツの色別にスポンジを変えるようにしましょう

・キッチン用スポンジでこすればきれいになる

キッチン用スポンジでこすれば きれいになるキッチン用スポンジのやわらかい面でこする。「毛並みを逆立ててホコリを出し、次に反対側にこすって毛並みを整えます」

・つま先の汚れがひどいときはかたい面でこする

つま先の汚れがひどいときはかたい面でこするつま先などが擦れて黒っぽい汚れがついているときは、かたい面を使って優しくこすり、汚れを落とします。仕上げにやわらかい面で毛並みを整えて

ニットの毛玉の取りかた

ニットにできてしまった毛玉。生地を傷めず上手に取るためにプロが使っていたのは、なんと食器洗い用スポンジ!
「スポンジはコシのあるかためのものを使うとうまくいきますよ」

<普通の毛玉の場合>

<普通の毛玉の場合>毛羽立ってきてしまった程度の毛玉なら、やわらかい部分で毛並みを整えるようにこすればきれいに。

<毛玉がひどい場合>

<毛玉がひどい場合>かたい面で力を入れず、毛玉をそっとこすって取る。仕上げにやわらかい部分で毛並みを整えるとよい。

Before

Before
Before
After

After
After
バッグなどでこすれて毛玉だらけになってしまったニットのセーターも、スポンジでこするだけでこんなにきれいに!

<撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【古田武さん】

クリーニング店会長。海外での研修を重ね技術を磨き、東京・麻布に『レジュイール』を設立。高級ブランドからの信頼も厚く、百貨店などで講習も行う。著書に『家庭でできる洋服の洗い方とお手入れ』(マイナビ刊)

家庭でできる洋服の洗い方とお手入れ 家庭でできる洋服の洗い方とお手入れ

きばんだ白い服をキレイにする方法、ガンコなシミの落とし方、カシミアの風合いを保つ洗い方、ジャケットの汗ジミのお手入れ、コートやセーターの簡単な毛玉の取り方など、 洋服がよみがえる、本当にきれいになる、洗濯とお手入れのテクニックを紹介。