ダウンジャケットは家で洗える!羽毛をフワフワにする方法
  • この記事を
    シェア

2019.03.22

冬の防寒に欠かせないダウンジャケットも、表地がナイロンのものは自宅で洗濯可能です。
「ファーつきのものは着脱式なら取り外し、取り外せない場合はクリーニング店に出してください」と話すのは、クリーニングのプロ・古田武さん。

ダウンジャケット
ダウンジャケットは家で手洗いできます!

自宅でダウンジャケットを手洗いする方法

ここでは古田さんに、家で手洗いする方法を教わりました。

(1)首回りや袖口に撥水スプレーをかけてふき取る

スプレーをかけるときは必ず換気を
スプレーをかけるときは必ず換気を
首回りや袖口など、皮脂汚れがひどいところに衣類用の撥水スプレーをかけ、タオルでこすって汚れを落とします。

撥水スプレーをかけてふき取る
撥水スプレーをかけてふき取る
必ず換気しながら行いましょう。

(2)石けんを塗って全体をブラッシングする

汚れが気になるところに固形石けんをこすりつける表面を約40℃の湯で濡らし、汚れが気になるところに固形石けんをこすりつけ。

洗濯用ブラシで洗う洗濯用ブラシで洗います。

・汚れが気になる場合は中性洗剤を使っても

軽い汚れは表面を石けんで洗うだけで落ちますが、全体的に汚れがひどいときは、浴槽に約40℃の湯をためて中性洗剤を溶かし、足で踏み洗いを。その場合、すすぎは念入りに。

(3)浴槽に湯をためて踏みながらすすぐ

浴槽に湯をためて踏みながらすすぐ浴槽に約40℃の湯をため、足でダウンジャケット全体をしっかりと踏みながら洗いすすぎます。

(4)シャワーをかけながらさらにすすぐ

石けんの泡がなくなるまで踏み洗い
石けんの泡がなくなるまで踏み洗い
浴槽の栓を抜き、シャワーをかけて踏みながらさらにすすぎます。
「ダウンから石けんの泡が出なくなるまで、しっかりすすぎましょう」

(5)柔軟剤を加えたら踏んで、中まで浸透させる

柔軟剤を加えたら踏んで、中まで浸透させる再び浴槽に約40℃の湯をため、柔軟剤を表示どおりに加えてよく溶かします。
「ダウンジャケットを浸して足で踏み、中の羽毛にまでしっかり柔軟剤を浸透させます」

(6)軽く絞って3~5分脱水する

軽く絞って3~5分脱水する軽く絞り、洗濯機に入れて3~5分脱水。
「ダウンは水をよく吸収しているので、様子を見ながら、水が滴らない程度まで脱水しましょう」

(7)ハンガーにかけて乾かす

ハンガーにかけて乾かすハンガーにかけて形を整え、しっかりとファスナーをとめて部屋干しする。
「時間はかかりますが、表面だけでなく、しっかり中のダウンまで乾かしてください」

・乾燥機にかければ羽毛がフワフワに

きちんと乾かしたあと、乾燥機にかけるとフワフワの羽毛がよみがえります。
「大人用の大きなものは、家庭用でなくコインランドリーの大きな乾燥機を使うのがおすすめ」

<撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【古田武さん】

クリーニング店会長。海外での研修を重ね技術を磨き、東京・麻布に『レジュイール』を設立。高級ブランドからの信頼も厚く、百貨店などで講習も行う。著書に『家庭でできる洋服の洗い方とお手入れ』(マイナビ刊)

家庭でできる洋服の洗い方とお手入れ

きばんだ白い服をキレイにする方法、ガンコなシミの落とし方、カシミアの風合いを保つ洗い方、ジャケットの汗ジミのお手入れ、コートやセーターの簡単な毛玉の取り方など、 洋服がよみがえる、本当にきれいになる、洗濯とお手入れのテクニックを紹介。