ウールのパンツを型崩れなく家で手洗いする方法
ESSE編集部
2019.03.27

冬の間にお世話になったウールのパンツ。型崩れしないよう形を整えて干し、きれいにアイロンをかければ、家でもプロ並みの仕上がりに!

「着始め2回くらいはクリーニング店でケアするのがおすすめ。その後は家でお手入れを」と話すのは、クリーニングのプロ・古田武さん。
ここではその方法を教わりました。

ウールのパンツ
ウールのパンツを家で手洗いする方法

家でウールのパンツを手洗いする方法

(1)ポケットの内側や食べこぼしを前処理

ポケットの内側
ポケットの内側
ポケットの周りや内側など、皮脂汚れがついているところに約40℃の湯をつけ、固形石けんをつけブラシで洗う。

食べこぼしを前処理
食べこぼしは食器洗い用の洗剤で
「食べこぼしのシミは、食器洗い用の洗剤をつけてもむとよく落ちますよ」

(2)お湯に中性洗剤を溶かし、30回押し洗いする

30回押し洗いする洗面器などに約40℃の湯を入れ、おしゃれ着用の中性洗剤を表示どおりに加えてよく溶かす。ここにパンツを軽くたたんで入れ、30回程度優しく押し洗いする。

(3)お湯を出しながらすすぐ

お湯を出しながらすすぐ(2)の湯を捨て、約40℃の湯を流しながら、パンツをすすぐ。軽く押しながら洗剤の泡が出なくなるまですすぐとよい。

(4)柔軟剤を加えて毛並みを整える

柔軟剤を加えて毛並みを整える約40℃の湯をため、表示どおりに柔軟剤を入れてよく溶かす。ここにパンツを入れ、生地全体に行き渡るように浸してウールの油分を補い、毛並みを整える。

(5)軽く絞って30秒脱水する

軽く絞って30秒脱水する手で軽く絞って洗濯機に入れ、約30秒脱水する。洗濯機の機種によっても脱水の具合が違うので、様子を見ながら水が滴らない程度に。脱水しすぎるとシワになるので注意。

(6)裏返してポケット部分やパンツ全体のシワをしっかり伸ばす

裏返してポケット部分やパンツ全体のシワをしっかり伸ばす乾きやすいようにパンツを裏返し、ポケット部分やパンツ全体のシワを伸ばす。

パンツを裏返す
パンツを裏返す
「テーブルの上など平らな場所に置き、縫い目に沿って引っぱるようにするのがおすすめです」

縦横にしっかり伸ばす
縦横にしっかり伸ばす
縦横にしっかりと伸ばす。

(7)ピンチハンガーでつるし筒状にして乾かす

裏返すと乾きやすくなる
裏返すと乾きやすくなる
小物用ピンチハンガーを使って筒状に形を整え、直射日光を避けて部屋干しする。乾いたらアイロンがけを。
「形を整えてから干すことで、アイロンをきれいにかけやすくなります」

ウールパンツの応用編 ウールのスカートを手洗いする方法

ウールのスカート基本の洗い方はウールのパンツと同じ。
「干すときにウールの表地をしっかり伸ばさないと、縮んで裏地が見えてしまうことがあるので注意が必要です」

手順(6)のときにスカート全体をしっかり伸ばす

スカート全体をしっかり伸ばす
表地はとくに丁寧に
洗い方はウールのパンツと同様に。干す前にスカート全体の形を整える。
「表地と裏地、それぞれしっかり伸ばしますが、とくにウールの表地は丁寧に伸ばして形を整えるようにしましょう」

手順(7)のときにスカート用ハンガーで干す

スカート用ハンガーで干すスカート用ハンガーを使い、ウエスト部分をとめて干す。パンツと同様に小物干し用のピンチハンガーを使ってもよいですが、スカート用ハンガーの方が型崩れしにくいのでおすすめ。直射日光を避けて部屋干しし、乾いたらアイロンをかける。

<撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【古田武さん】

クリーニング店会長。海外での研修を重ね技術を磨き、東京・麻布に『レジュイール』を設立。高級ブランドからの信頼も厚く、百貨店などで講習も行う。著書に『家庭でできる洋服の洗い方とお手入れ』(マイナビ刊)

家庭でできる洋服の洗い方とお手入れ 家庭でできる洋服の洗い方とお手入れ

きばんだ白い服をキレイにする方法、ガンコなシミの落とし方、カシミアの風合いを保つ洗い方、ジャケットの汗ジミのお手入れ、コートやセーターの簡単な毛玉の取り方など、 洋服がよみがえる、本当にきれいになる、洗濯とお手入れのテクニックを紹介。