意外と汚れています!ストールやポンチョを家で手洗いするコツ
ESSE編集部
2019.03.20
  • この記事を
    シェア

秋から冬にかけてお世話になった、大判ストールやニットポンチョ。長く使うためにも、たまった汚れを落とし、お手入れしましょう。
ここではクリーニングのプロ・古田武さんに、家でできる手洗い方法を教わりました。

フリンジつきニットポンチョや大判ストールの洗い方。ポイントは仕上げに!

フリンジつきニットポンチョ
フリンジつきニットポンチョ
防寒に役立つ大判ストールや、ニットポンチョの洗い方をご紹介します。
「干すときのフリンジのケアと、仕上げがポイントです」

(1)首回りや袖口を石けんで前処理する
皮脂汚れがついたところに約40℃の湯をつけ、固形石けんをこすりつけ、優しくもみ洗いする。

(2)お湯に中性洗剤を溶かし30回押し洗いする
洗面器などに約40℃の湯を入れ、おしゃれ着用の中性洗剤を表示どおりに加えてよく溶かす。ここにストールを軽くたたんで入れ、30回程度優しく押し洗いをする。

(3)お湯を出しながらすすぐ
(2)の湯を捨てたら、約40℃の湯を流しながらすすぐ。軽く押しながら、洗剤の泡が出なくなるまですすぐとよい。

(4)柔軟剤を加えて毛並みを整える
約40℃の湯をため、柔軟剤を表示どおりに入れてよく溶かし、ストールを入れてしっかりと浸す。

(5)軽く絞って30秒脱水する
手で軽く絞って洗濯機に入れ、約30秒脱水する。洗濯機の機種によって脱水の具合が違うので、様子を見ながら水が滴らない程度に。脱水しすぎるとシワになるので注意。

(6)干す前にフリンジ部分の毛がからまないようにたたく

脱水
脱水
脱水したあと、フリンジ部分だけを集めて手でまとめ、タオルなどに数回、強くたたきつけるようにする。

たたきつけるように
たたきつけるように
フリンジ部分がほぐれて、きれいに伸びた状態に。

(7)折りたたんで洗濯ポールに干す

折りたたんで洗濯ポールに干す全体のシワを手で優しく伸ばして二つ折りにたたみ、洗濯ポールにかけて干す。
「このときも、必ず部屋干しに。変色するので日の当たる場所は避けましょう」

(8) 完全に乾いたらアイロンをかける

アイロンは浮かしながら
アイロンは浮かしながら
乾いたら、洗濯ポールにかけた状態でアイロンをかける。

蒸気を当てます
蒸気を当てます
「アイロンは生地に直接つけないよう浮かし、スチームを出しっぱなしにして、蒸気を当てます。フリンジ部分は平らな場所に広げて同様に」

<撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【古田武さん】

クリーニング店会長。海外での研修を重ね技術を磨き、東京・麻布に『レジュイール』を設立。高級ブランドからの信頼も厚く、百貨店などで講習も行う。著書に『家庭でできる洋服の洗い方とお手入れ』(マイナビ刊)

家庭でできる洋服の洗い方とお手入れ 家庭でできる洋服の洗い方とお手入れ

きばんだ白い服をキレイにする方法、ガンコなシミの落とし方、カシミアの風合いを保つ洗い方、ジャケットの汗ジミのお手入れ、コートやセーターの簡単な毛玉の取り方など、 洋服がよみがえる、本当にきれいになる、洗濯とお手入れのテクニックを紹介。