自宅でウールのコートの簡単ケア!衣替えまでもうひと活躍させましょう
2017.03.12
  • この記事を
    シェア

 エアコンの効いた室内で着用して汗ばんだり、飲食店のにおいがついてしまったウールのジャケットやコート。まだ肌寒い日は続くので、簡単にケアしながら、もう少し使い続けたいですよね。ESSEで300人の女性にアンケートをとったところ「シーズン中でも衿や袖口の汚れが気になります」「いやなにおいがついたときどうすればいい?」という悩みが多く寄せられました。

 そこでクリーニングに出す前に、もうひとがんばりしてもらえるよう、自宅で簡単にできるお手入れ法を、家事アドバイザー毎田祥子さんに教わりました。スーツも同様のケアでOKです。

自宅で簡単にできる!ウールのジャケット、コートのケア

(1)着たらその都度ブラッシングしてホコリを落とす

着たらその都度ブラッシングしてホコリを落とす
着たらその都度ブラッシングしてホコリを落とす
帰宅してハンガーにかけたら、服用ブラシでブラッシング。衿の裏、袖の内側も念入りにホコリを落とします。「ブラシはやわらかい『万能タイプ』を選んで」(毎田さん)。

(2)絞ったタオルで汚れのつきやすい場所をふいておく

絞ったタオルで汚れのつきやすい場所をふいておく濡らしてかたく絞ったタオルで、衿や袖口、ポケットの入り口などを軽くたたくようにして汚れを落とします。その後からぶきをして、陰干ししておきましょう。このとき、こすると繊維が絡まり毛玉になるのでNGです。

・いやなにおいがついたとき

いやなにおいがついたときジャケットやコートの下にタオルを敷き、2㎝ほど浮かせながらスチームアイロンをかけ、においをタオルへ移すようにします。その後すぐに風とおしのよい場所に陰干しします。

・汗をかいたとき

汗をかいたときハンガーにタオルをかけて厚みをつけ、その上から服をかけて。通気性をよくした状態でひと晩おき、汗を飛ばしましょう。

●教えてくれた人
【毎田祥子さん】
家事アドバイザー、All About洗濯ガイド。広報誌の編集を経て、生活情報専門ライターとして家事に役立つ情報を発信。著書に『正しい目玉焼きの作り方:きちんとした大人になるための家庭科の教科書』(河出書房新社)など

<撮影/林ひろし>

正しい目玉焼きの作り方:きちんとした大人になるための家庭科の教科書(14歳の世渡り術)

風邪のときに作るおかゆがマズイ、新しい服を洗濯でダメにした、穴のあいたくつ下をはき続けている……そんな人のために、洗濯・料理・片付けと掃除・裁縫の基本のきを学ぶための一冊。目指せ、生活力のある大人!