1. トップ
  2. 家事コツ

イチゴのヘタは〇〇を刺すときれいに取れる!イギリス人主婦のびっくりワザ

  • この記事を
    シェア

 イギリス在住のライター・ボッティング大田朋子さんが、現地の主婦に教えてもらった、イチゴのヘタを簡単に取る方法を紹介します。
イチゴのヘタは〇〇を刺すときれいに取れる!イギリス人主婦のびっくりワザ

細めのストローをイチゴに突き刺すだけで簡単にヘタが取れる!

 意外に思われるかもしれませんが、じつはイギリスの主婦にとって、イチゴのヘタをきれいに取ることは必須のワザ。というのも、イギリスのイチゴは、日本のものよりもかたく、甘さも控えめで、酸味も強め。そのまま食べるのではなく、生クリームをかけて食べるのが一般的だからです。

 やり方はとっても簡単で、イチゴのヘタの反対側からストローを突き刺すだけ!太いストローを使うと、ストローの中にイチゴの実が入ってしまってもったいないので、細いストローを使うのがおすすめです。ちなみに私は、紙パック入りのジュースなどについてくる極細ストローを使っています。

イチゴのヘタの反対側からストローを突き刺すだけ! ヘタが浮くまでストローを突き刺し、ヘタが持ち上がれば、OK!あとはストローを抜くだけ。

ヘタが持ち上がれば、OK! イギリスでは、イチゴ、ラズベリー、ブラックベリーなどのベリー類を合せて小皿に盛り、生クリームをかけた一品は食後デザートの定番。果物を数種類盛り合わせて生クリームをかけるだけで、おしゃれなデザートがすぐにできるのもうれしいですよね。

おしゃれなデザートがすぐにできるのもうれしい 日本の甘いイチゴなら、毎度ヘタを除く必要はないかもしれませんが、お菓子をつくるときなど、ヘタをきれいに取りたいときには、この方法が使えますよ!

【ボッティング大田朋子さん】
同志社大学商学部卒。ドイツ、インド、メキシコ、アルゼンチンで外資勤務、起業の後、2011年からスペインへ現在イギリス在住。執筆参加著書に『値段から世界が見える!日本よりこんなに安い国、高い国 』(朝日新書刊)など多数。英国人パートナーと多言語を話す息子、娘の4人暮らし。ブログ「世界が拠点な生き方&子育て

値段から世界が見える!日本よりこんなに安い国、高い国

イギリス、スペイン、韓国、ケニア、中国、そしてアメリカなど、世界20ヵ国のさまざまな「お値段」を徹底解明。「そんなものがなぜ高いの?」「これがそんなに安いとは! 」 という素朴な興味を入り口に、「いくつかの国が共通で抱える悩み」や「その解決への取り組み」を浮き彫りにする。

このライターの記事一覧