1. トップ
  2. 家事コツ
夏のピリ辛煮が激ウマに!こんにゃく&厚揚げの正しい冷凍保存&活用法
2016.06.03
  • この記事を
    シェア

「こんにゃくを冷凍したらゴムのような食感に!」「特売で買って、食べきれなかった厚揚げも冷凍できる?」…。こんにゃくと厚揚げの冷凍にまつわる失敗や疑問、ありますよね。どちらも冷凍すると、食感がどうしても変化してしまいますが、一方で、味がしみ込みやすくなるというメリットが。今の季節ならピリ辛の煮ものにぴったり!正しい冷凍保存の技と食材の活用法をプロに聞いてみました。

おでんや煮物にぴったりな【こんにゃく・厚揚げ】

【こんにゃく】独特の食感に変化し、煮汁を含みやすく

 こんにゃくは冷凍すると水分が分離します。むしろ食感の変化を楽しみましょう。水分が抜け、味がしみ込みやすくなるので煮物にするのが最適!

独特の食感に変化し、煮汁を含みやすく【こんにゃく】
保存期間2か月
●冷凍方法

 用途に合わせ、ひと口大などに切り分ける。冷凍用保存袋に入れ、ストローなどで中の空気を抜いて密閉し、冷凍する

●解凍方法

 保存袋のまま、氷入りのボウルに入れて流水解凍。冷蔵庫に入れて解凍しても。煮汁の中で味がしみるようなメニューに使う

【厚揚げ】高野豆腐風の食感に変化。煮物におすすめ

 こちらも食感に変化が。豆腐の部分が高野豆腐のようになります。さらに味のしみこみも、よりしっかりと。

高野豆腐風の食感に変化。煮物におすすめ【厚揚げ】
保存期間2か月
●冷凍方法

 用途に合わせ使いやすい大きさに切り分ける。ラップにぴっちりと包んでから冷凍用保存袋に入れ、空気を抜いて冷凍する

●解凍方法

 保存袋のまま氷入りのボウルに入れて流水解凍、または冷蔵庫解凍を。水分が抜けてスポンジ状の食感になり、味がしみやすくなる

<監修/鈴木徹>