朝食準備に便利!タラコにジャコ、干物をおいしく長もちさせるプロの冷凍術
  • この記事を
    シェア

2016.05.29
所要時間: 1

 ごはんのおかずにぴったりなタラコ、チリメンジャコ、干物。味や風味を劣化させることなく冷凍保存ができたら便利ですよね。簡単にまねできるプロの冷凍&解凍方法を紹介します

子どもも大好きで栄養豊富な魚介類【タラコ・チリメンジャコ】

【タラコ】冷凍に強い素材。余ったら迷わず冷凍

冷凍に強い素材だから、余ったら迷わず冷凍【タラコ】
保存期間2か月
●冷凍方法

 1腹ずつ、またはひと口大に切ってから、ラップでぴっちりと包み、冷凍用保存袋に入れ冷凍。塩分が多く水分が少ないので冷凍向き。

●解凍方法

 必要な量を冷蔵庫で解凍する。保存袋のまま流水で解凍してもよい。生食しないなら、凍った状態のまま焼いてOK!

【チリメンジャコ】風味もそのままにおいしさが長もち

風味もそのままにおいしさが長もち【チリメンジャコ】
保存期間1か月
●冷凍方法

 小分けにしてラップに包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍庫へ。庫内ににおいがつかないよう密閉性のある容器などに保存する。

●解凍方法

 自然解凍するか、凍った状態のままでも調理に使うことができる。シラス干しも同様の冷凍、解凍法でおいしさが保てる。

【干物】水分が少なく冷凍向き。香ばしく焼き上がる

水分が少なく冷凍向き。香ばしく焼き上がる【干物】
保存期間1か月
●冷凍方法

 1枚ずつアルミ箔で包み、冷凍用保存袋へ入れて冷凍庫へ。酸化と乾燥が大敵なので、酸素をとおさないアルミ箔でしっかり密閉。

●解凍方法

 解凍してから焼くと筋繊維がダメージを受けるので、凍った状態のままで焼く。フライパンにクッキングシートを敷いて焼いても。

<監修/鈴木徹>

特集