浴室のガンコなカビを落とす掃除術。フタや天井の黒ズミもすっきり
2018.05.04
  • この記事を
    シェア

ゴールデンウィークは、普段できない大掃除をするのにベストな時期。天気のいい日に、バスルームのカビ取りをしてみませんか?

教えてくれたのは、幸せ住空間セラピストの古堅純子さんです。「一時的なきれい」で終わらせるのではなく、「恒常的なきれい」にするテクニックも教えてもらいました。

<浴槽回り>カビが発生しやすいポイントはカビ取り剤で「湿布」する

扉や浴槽のフタのカビが気になってはいても、なかなかきれいに取れなくて困った…なんてことはないでしょうか。
これからご紹介する方法で湿布すれば、驚くほどきれいにカビが取れますよ。

1.扉やフタのカビはカビ取り剤で湿布する

扉やフタのカビはカビ取り剤で湿布する扉の下側や浴槽のフタについた黒い汚れは、カビ。

扉やフタのカビはカビ取り剤で湿布する「カビ取り剤で落としますが、凹凸部分にも成分がよく浸透するよう、ティッシュペーパーなどで湿布します」
スプレーする部分にティッシュを並べ、その上からスプレーを。
2.扉のすりガラスのカビはスポンジにカビ取り剤をつけて磨く

扉のすりガラスのカビはスポンジにカビ取り剤をつけて磨く表面がざらざらしたすりガラスは、細かな凹凸にカビが入り込んでいるので、退治にはコツが。
「シャワーで全体を濡らしてから、カビ取り剤をつけたスポンジを小刻みに動かしていきます」。カビが取れたらシャワーで洗い流し、水気をふきます。

<手が届きにくい天井は、床用のワイパーで>

手が届きにくい天井は、床用のワイパーで天井の汚れは、床用ワイパーに水でかたく絞ったぞうきんをセットし、ぞうきんにアルカリ性の電解水をスプレーしてふきます。「すみの黒ずみもすっきり落とせますよ。あとぶきいらずなので手間なし。消臭や除菌効果もあります」

バスルームの小掃除は、最後に使った人が水気をきるとグッド

浴室に熱気や湿気が残ると、カビが大好きな環境になってしまいます。それを防ぐためには、日々の習慣が重要に。

●換気扇は24時間つけっぱなし、日中は窓をあけておく

換気扇は24時間つけっぱなし、日中は窓をあけておく「換気扇は24時間回し、湿気を追い出して。日中は窓をあけておくと、からりとした環境をキープできます」

バスルームの掃除はカビとの戦いでもあります。
カビをしっかり落とし、次はもうカビを発生させない仕組みづくりを目指しましょう。

※塩素系のカビ取り剤を使う際は、クエン酸などの酸性のものと混ぜると有毒ガスが発生するので、絶対に同時に使用しないでください。塩素系の洗剤を使用する場合にはゴム手袋をして、必ず換気を行うようにしましょう

●教えてくれた人
【古堅純子さん】

幸せ住空間セラピスト。1998年家事代行サービス会社に入社。約20年間現場第一主義を貫き、今まで2000軒以上のお宅にサービスを重ねてきた。テレビや雑誌、講演でも活躍中。書籍多数、著者累計は60万部をこえる。最新刊に『定年前にはじめる生前整理 人生後半が変わる4ステップ』(講談社刊)がある。オフィシャルブログ:「暮らしのスタイル磨きます!

<撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>

古堅式!捨て方減らし方ワークブック

テレビ・雑誌でおなじみ、2000軒以上の家庭を片付けてきた、幸せ住空間セラピスト・古堅純子が、本当に必要なモノだけを厳選して手放す「捨て方減らし方」のコツを伝授!


古堅式!片付け&掃除ハンドブック

1000軒以上の家を片付けてきたプロの技で快適・機能的。あなたは一生キレイな家で暮らせます。片付けと掃除のテクニックが満載。