仕分けの手間と回数をカットするワザとは?プロが教える時短洗濯テク。カーテン洗いの裏技も
  • この記事を
    シェア

2016.05.18

毎日の家事は、手早く効果的に行いたいもの。家事のプロ・和田由貴さんが、洗濯にまつわるとっておきの時短テクを大公開。仕分け・洗う・干す…段階別にこまごまとした作業の多い洗濯は、小さな工夫でずっと効率的になりますよ!

仕分けの手間と回数をカットするワザとは?

●仕分け

・ランドリーボックスを2個使い、仕分けの手間と洗濯回数をカット

 白い服用と色もの用のランドリーボックスを用意し、脱ぐときに分別。1日交代で洗濯すれば分け洗いの必要なし!(節約・消費生活アドバイザーの和田由貴さん)

ランドリーボックス●洗う

・カーテンは留め具を外さずに洗えば、準備も干すのも簡単

 カーテンの留め具を内側に折り込み(1)、洗濯中にはずれないように端から巻き込んで(2)、てるてる坊主のようにヘアゴムでとめて洗います。洗濯後はそのままカーテンレールにかけて干すだけ(和田さん)

カーテン
留め具を中心にして巻く
・洗濯前に袖のボタンを身ごろに留めてからまりを防止

 シャツの袖がほかの洗濯物にからまると、取り出すのにひと苦労。洗う前、袖のボタンホールと身ごろのボタンを留めておけば解決!(和田さん)

●プロの皆さん

【和田由貴さん】
節約・消費生活アドバイザー。節約や環境など暮らしをテーマに幅広く活躍中。All About「節約」ガイド

<撮影/山川修一>