手間を減らす冷凍保存ワザ。カレーは牛乳パックで!ミックスベジタブルはペットボトルで!
2016.12.11
  • この記事を
    シェア

 師走が近づき、ますますあわただしくなる毎日の台所仕事は、手早く効果的に行いたいものです。そこで、家事のプロがとっておきの、冷凍保存にまつわる時短テクを大公開。王道ワザから目からウロコのアイデアまで、きっと役に立つこと間違えなしですよ!

時短のカギはワザありの冷凍保存法!不要な手間をどんどん減らしましょう!

・カレーは牛乳パックで冷凍し、容器を洗う手間をまるまるカット

牛乳パック におい移りがするカレーなどは、保存容器などを使わず、代わりに牛乳パックで冷凍。パックの1/2の高さでカットし、四すみに切り込みを入れた中に流し込み、フタをして輪ゴムでとめます(節約・消費生活アドバイザー和田由貴さん)。これなら洗い物が減って、あと始末がラクに!

・ミックスベジタブルはペットボトルで冷凍し、振り出して使う

ミックスベジタブル つけ合わせに少量使うミックスベジタブルは、袋で保存するといちいち輪ゴムでとめるのが面倒。ペットボトルに移せば、量の調節もしやすく便利です(和田さん)。冷凍庫に立てて保存ができるので、取りだしやすさも抜群!

・タマネギはカットして保存袋で冷凍し、調理時間を短縮

冷蔵玉ねぎ タマネギは千切りとみじん切りにし、密閉袋で冷凍。すぐ調理できるし、水分が飛びやすくなるので、面倒なあめ色タマネギが5分ほどで完成(生活コラムニストのももせいづみさん)。タマネギの様子を見ながら火の前に建ち続ける時間が、圧倒的に短くなります。

・冷凍した肉は、アルミのバットなどにのせ、解凍時間を短縮

 冷凍した肉は、熱伝導のいいアルミ製品の上にのせると解凍がスピーディー。厚みのある肉は途中で表裏を返して(ももせさん)。

●教えてくれたプロの皆さん
【和田由貴さん】
節約・消費生活アドバイザー。節約や環境など暮らしをテーマに幅広く活躍中。All About「節約」ガイド

【ももせいづみさん】
生活コラムニスト。手早くできる家事のコツや暮らしのアイデアを発信。エコにも造詣が深い。All About「時短生活」ガイド

<撮影/山川修一>