ポケットティッシュ1個分で短時間掃除!配られたときが掃除のチャンスです
2016.12.26

こんにちは。若松美穂です。主婦業のかたわらエッセイストなどもやりつつ、楽しく、豊かに暮らすためのさまざまな工夫を提案しています。テーブルまわりを中心に、生活のなかの小さな発見をつづっていけたらと思っています。
若松美穂のおいしい生活

ポケットティッシュを使って家じゅうあちこちを掃除

 家を掃除するとき、様々なお掃除グッズや洗剤、スプレーがないときれいになんてならない!と思っている方、いませんか?そんなことないのですよ。私が短時間掃除に使うのは、街角で配られているポケットティッシュ。

ポケットティッシュを使って家じゅうあちこちを掃除 ポケットティッシュはあまり水に強くないので、掃除に使うならホコリ取りをメインにし、濡らすとしても、濡らしすぎないことがポイントです。

 たとえば、リビングにある電気カバーの上部をふきます。ホコリがたまりやすい場所なので、しばらくぶりだと、まとまったホコリが落ちてくることも(笑)。下の床にマットなどが敷いてある場合は、ずらしておいた方がよいかもしれません。

リビングにある電気カバーの上部 こうして使ったティッシュの汚れた部分を内側に折り、今度は、扉枠の上の部分もふきます。扉枠だけでなく、額の上などもたまりやすいですね。さっとぬぐうだけで結構なホコリが。

額の上などもたまりやすいですね 私は、ポケットティッシュを街角で受け取った際、これ1個分、掃除しようと決めることもあります。惜しみなく使えるので、チャンスとばかりにあそこも、ここも。かなりあちこちきれいになります(*^_^*)

あそこも、ここも お手洗いも、ポケットティッシュを利用して飾り棚や床面をちゃちゃっと掃除。お手洗いだけで1個分きれいにしようと思ったら、かなり使いでがあります。

飾り棚や床面をちゃちゃっと掃除わが家は家の中に小さなものをちょこちょこ飾っているので、そのあたりも。

 ほかに、化粧ポーチの中や化粧グッズが入っている引き出しの中などは、知らず知らずのうちに粉っぽくなりますよね。

化粧ポーチの中や化粧グッズが入っている引き出しの中 いったん中のものをすべて出し、ひとつひとつが入っている場所をきれいにふき取って、しまい直すだけで、かなりスッキリします。

 家の中をきれいにするチャンスは、いくらでもあるのです。

【若松美穂(わかまつみほ)】
1972年、宮城県生まれ。お金をかけずにセンスと工夫でおしゃれに暮らすカリスマ主婦読者として、生活情報誌『ESSE』や『サンキュ!』などで紹介され、人気者に。2011年、心理カウンセラーの資格を取得。主婦業のかたわら、エッセイストとしての執筆活動のほか、講演、各メディアへの出演など多方面で活躍。気持ちによりそった提案が主婦の熱烈な支持を得ている。「ペンギンのお茶会」「心を癒す講座」は、全国各地で実施され、リピーターとなるファンもいるほど。著書に「カリスマ節約主婦・若松美穂の暮らし上手の小さなヒント」「私と家族のしあわせ時間」(ともに扶桑社刊)など。 夫と、大学生、高校生の娘、母親の5人家族。埼玉県在住。
▼Instagram https://www.instagram.com/m_wakachin8/

このライターの記事一覧