1. トップ
  2. 家事コツ

夏の生ゴミ臭に。新聞紙より「防臭袋」で解決できた

2021.08.04

1年のうちで暑さのピークを迎えているこの時期、「ゴミの臭い」って気になりませんか? とくにキッチンで出る生ゴミの臭いには悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
ライフオーガナイザーの尾花美奈子さんは「防臭袋」を取り入れて臭いが激減! コスパも上々とのこと。詳しく伺いました。

シンク
生ゴミが臭わないキッチンはすてきです!

毎日生ゴミを捨てても臭ってしまう。解決策は「防臭袋」だった

わが家は24時間365日ゴミを出すことができるマンション住まいなので、ゴミ袋を1日分のゴミが入る程度の小さいサイズにして毎日捨てることで臭わないように気をつけています。
でも、それでも夏場は、とくに夕飯で魚を食べた翌朝はゴミ袋から臭いが出てしまうことがあり不快な思いをしていました。

毎日捨てていてもこうなのですから、回収日まで数日かかる一軒家などのお宅の場合は更に問題になるかと思われます。

シンクにゴミ袋「ゴミ回収日まで冷凍庫で冷凍しておく」という方法は、ゴミを冷凍庫に入れることに抵抗があったのと、そのスペースがあったら夏休み中の子どもたちのお昼用に食材を多く冷凍したいという気持ちがあったので合いませんでした。

●防災アドバイザーおすすめの「防臭袋」。効果はバッチリでした

ほかにも新聞紙に包んでから捨てるなど試行錯誤をしていたときに知ったのが「防臭袋」という存在でした。

防臭袋パッケージ一見普通のポリ袋と大差がないように見えるのですが、生ゴミや使用済みの紙おむつ、ペットの排泄物などの臭いを漏らさないという袋で、知り合いの防災アドバイザーの方から教えて頂きました。

大地震などの災害のときは被害の状況によりゴミ収集車が回収に来るのが困難になることがあるので、そのときの臭い対策として防臭袋を備蓄しておくといいのだそうです。

防臭袋「災害時と言わず夏場の生ゴミの臭い対策にもいいのでは」と思い、早速購入して使用してみたところ、効果はバッチリでした。

それまでは臭いが残りやすい魚料理などが夕飯だったときは、しっかりゴミ袋の口を結んでから寝ても、翌朝近づくとなんとなく臭いがしていました。それが防臭袋に変えてからはなくなり、とても快適です。

●防臭袋はパッケージもサイズも豊富でお手頃価格

防臭袋も色々なメーカーから出されていますが、私が購入したのは「脅威の防臭袋BOS(ボス)」というものです。
シンプルな無地もあれば、最近ではストライプやかわいい柄物タイプも発売され、サイズもSSからLLまでとラインナップがとにかく豊富。Amazonや楽天、Yahooなどで買うことができます。

スーパーでの無料のポリ袋やパンが入っていた袋、チラシなどを再利用すればお金はかかりません。でもBOSはMサイズが90枚入りで1080円前後、1枚当たり12円と意外に安いのです(小さいサイズになると1枚当たりも安くなります)。

1日1枚使うとすると90枚入りではちょうど7月~9月の暑い時期の分になり、その間の臭いの問題が解消されるのなら購入しても決して損はないと思います。私は夏場に使用する分以外にも災害時用として常に2箱備蓄しています。

●教えてくれた人
【尾花美奈子さん】

ライフオーガナイザー、親・子の片づけインストラクター。片づけが苦手なワーキングマザーやこどもの立場に立った、楽で早く片づく収納のアドバイスやセミナーを実施。ブログ「片づけられない家族とのスマートシンプル空間」を日々更新

このライターの記事一覧
  • この記事を
    シェア