1. トップ
  2. 家事コツ

小さな家事はこう減らす。ふりかけは袋のまま使えば夫に買い物も任せられる

ESSE編集部
2021.09.14

日々の小さな家仕事。ほんのちょっとしたことでも、たまれば大きな仕事に。そんな“名もなき家事”こそラクにすませたいですよね。そこで今回は、人気インスタグラマーたちが実践している家事ワザを集めてみました。どれもこれも、いますぐマネできることばかりです!

名もなき家事をラクする達人の“ほったらかし”ワザ

家事をひとりで抱え込まないのが達人の鉄則。家族や頼れるグッズの力を借りれば、面倒な家事もスピーディーにこなせます。

●スマートマットライトが在庫管理&注文をしてくれる

ペットボトル水
在庫管理も自動で

のせてあるものの重さで在庫の残量を判断し、Amazonで自動発注してくれる画期的なアイテム。
「お米もお水も、ほったらかしでもストックぎれなし&買い物の手間なしです」(なつこさん)

白マット・スマートマットライト A5サイズ ¥1980(スマートショッピング)

●賞味期限の近いものは“食べてねコーナー”に出すだけ

パンなど早めに消費したい食べ物は、家族の視線が集まるキッチンカウンターの上に。
「勝手にみんな食べるので、賞味期限を気にしなくてOK。フードロスを出さずにすみます」(大木聖美さん)

●お弁当をつめるのは娘の仕事

お弁当学童用の弁当はおかずだけつくり、娘が好きにつめるルール。
「かわいいピックも刺し放題にして、自分でつめると残さず食べてくれるので大助かりです!」(ハギヤマジュンコさん)

●鍋の焦げつきは酸素系漂白剤におまかせ

IHにお鍋焦げた鍋に水を注いで火にかけ、40℃くらいに温めたら火を止め、酸素系漂白剤小さじ1~2杯をふり入れます。
「フタをしてひと晩おくだけ。翌朝、焦げがするっとはがれます」(大木聖美さん)

漂白剤・酸素系漂白剤 500g ¥275(生活クラブ生協)
※鍋の素材によっては酸素系漂白剤を使用してはいけない場合があります。パッケージに書かれた注意書きを事前に確認してから、用量を守って使用してください。

●面倒ならわざわざ容器につめ替える必要なし

のりたまなど
パッケージそのまま

容器を洗う、つめ替えるなどの手間を考えると、結局は買ったままの状態がいちばん。
「夫に買い物を頼むときも、パッケージがあった方がスムーズです」(Ayakaさん)

●冷蔵庫は重曹で消臭

冷蔵庫内に容器大さじ2杯の重曹をあきビンに入れ、冷蔵庫の下段のすみに置いておくだけ。
「こぼれ防止にガーゼと輪ゴムでフタを。消臭効果は2か月ほど持続し、安価ですよ」(Ayakaさん)

重曹・重曹 900g ¥443(アレスヘルスケア)

●肌に優しい石けんで食器洗い中もスキンケア

スポンジ食器洗いは無添加の、米ぬかでつくられた食器用石けんを愛用。
「洗い終わったあとの肌は、ハンドクリームを塗ったようにしっとり。ほったらかしスキンケア!」(なつこさん)

暑くていろんなことがおっくうになりがちな夏こそ、面倒な家事はささっとすませてラクしましょう。気になるアイテムやアイデアがあったら、どんどん試してみてくださいね。

※紹介したアイテムは、撮影時(2021年6月9日)に各店舗で販売されていたアイテムです。仕入れ状況によって同じアイテムがない場合や、すでに販売終了している可能性もありますので、ご了承ください。

<取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【Ayakaさん】

7歳の男の子、4歳の女の子の母として日々奮闘中。お掃除スペシャリストの資格をもち、書籍『時間もお金もかけないほったら家事』(宝島社刊)も出版。@ks._.myhome

【ハギヤマジュンコさん】

整理収納アドバイザー、一級建築士。主婦として、そして小学生ママとして等身大な悩みや、がんばりすぎない「生活感」のある暮らしを発信中。@_cocoti_

【大木聖美さん】

整理収納アドバイザー。「暮らしをラクに楽しく、サステナブルに」をコンセプトに、肩の力を抜いた、自分に優しく心地よい暮らしのコツをわかりやすく提案。@wagamichilife

【なつこさん】

夫と長男(2歳)の3人暮らし。元ハウスメーカー勤務の経験と知識を生かし、2LDKの賃貸住宅ながらDIYで子育てしやすい家にカスタマイズ中。@ntk_ie

  • この記事を
    シェア