1. トップ
  2. 家事コツ

時短調理のコツは材料を全部出し。家政婦さんの動きを見てわかったこと

2021.06.16

子育てに家事…いろいろやることが多すぎててんてこまいの人も多いはず…。
ここでは、家事代行・家政婦サービスを利用したという整理収納アドバイザーの三條凛花さんに、家政婦さんのワザを間近で見てわかった「時短のご飯づくり」のコツを教えてもらいました。

家政婦さんの調理を見て学んだ、ご飯づくりを最速化する3つのコツ

家政婦さんにつくりおきを依頼したことがあります。プロの技を間近で見て勉強したいと思ったからです。
実際、ものすごく勉強になりました。家政婦さんの調理をじっくり観察してわかった、3つの下ごしらえのコツを紹介します。

つくりおき
家政婦さんがつくってくれたすごい品数のつくりおき

これは、家政婦さんが3時間でつくってくれた料理の一部です。30品近い料理がダイニングテーブルにずらりと並びました。

●コツその1 調理の前に全部出しする

ご飯支度に取りかかる前に、材料や道具をそろえておく。ごく当たり前だと言われていることですが、皆さんは実践していますか?
家事代行サービスをお願いした当時、私が住んでいたのは、とても狭い賃貸でした。当然キッチンの作業スペースもほとんどありません。事前に準備しておくなんて無理だと諦めていました。だから、調理台の上に置くのは、今つくりたい一品の材料だけ。子どもが小さくて、調理時間が読めないのも理由です。

そんなわけで、調理中に、何度も冷蔵庫と調理台を往復していました。
ところが、同じキッチンを使った家政婦さんの動きは、私とはまったく違いました。

使っていい食材すべてを出してほしい。そう言われました。
事前に用意した食材のみならず、余っているものから缶詰まで、何でも出してほしいと言うのです。

その結果、1週間分近くにもなる大量の食材、缶詰、調味料、そして保存容器に調理道具と、本当にすべてのものが出そろいました。
家政婦さんは、調理台だけでなくダイニングテーブルにもいっぱいに材料を並べ、野菜類は包装されたまま調理台ではなくシンクに直置き。さらには床まで使って調味料のビンを置いていく。
ものすごい量になりました。

最初は、決まった時間内にこんなにたくさんの食材を使い切れるのかな? と驚いたほどです。

この「全部出し」作業をしておくと、冷蔵庫や棚と調理台を往復する時間をすべてカットできます。
つくる量が多ければ多いほど大切な工程だと感じました。

ちなみに、私自身が全部出しをするときは、2枚のトレイを活用しています。

左側には盛りつける器や調理道具、右側には食材左側には盛りつける器や調理道具、右側には食材を置きます。

右のトレイの食材は、使うときに一旦トレイから出します。そして、冷蔵庫に戻すものだけを右側のトレイへと戻します。

わが家は、子どもが小さくて調理が中断する可能性があるので、未着手のものも右側に残しています。

キッチンに猫終わったらきれいな状態になっていきます。
トレイという目に見える枠があることで、全部出しがとてもしやすくなりますよ。

●コツ2 同じ作業をくり返すのが肝

次に家政婦さんが行なったのは、肉や魚に火を通すことでした。レシピに沿ってつくるのではなく、3口コンロをすべて使い、とにかく焼いて、煮て、蒸していきました。

そして同時進行で野菜の下ごしらえが進みます。包装された状態でシンクに置かれた野菜たち。まずはどんどん包装を剥ぎ取っていきます。次に、まとめてどんどん野菜を洗い、それが終わったらすべてをカットしていく。

驚くべき手際のよさで、約1週間分の食材が、1時間半ほどで「すぐに使える状態」に変身しました。
私もその動き方を参考に「開封」「水洗い」「カット」…というように、すべての材料を使って同じ動きをくり返しています。

カットした野菜などそして、お願いしていた3時間のうち、実際に調理をしていたのはわずか半分の時間です。

●コツ3 あえないサラダをつくっておく

ここまで紹介した2つのコツを守りながらやってみたら、私も1時間で15種類の半調理・調理ができました。

容器に野菜などそして、最後の学ぶべきコツは「あえないサラダ」をたくさんつくっておられたことです。
どういうことかと言うと、たくさんカットしておいた野菜を、いろいろな組み合わせで保存容器に入れておくこと。

そして、数種類の手作りドレッシングは、野菜にかからないようにラップに包んで一緒に入れてありました。

たとえば、

・ゆでたエビ、ミニトマト、蒸しジャガイモ(+ヤンニョムドレッシング)
・キュウリ、ハム、カイワレ菜(みそマヨ)
・ゆでた青菜(柚子コショウマヨ)

というように。

食べるときは、お皿に移して、ドレッシングをかけるだけです。あえていないので、水っぽくなりません。

私は、半調理ずみの1野菜を1つの保存容器にまとめることが多かったのですが、これもとても便利です。さまざまな料理に少しずつ使えるので、かんたんに1食ごとの食品数を増やせます。でも、家政婦さんの、このあえないサラダは、盛りつけるのさえ面倒だな、というときにあったらすごくうれしい。手を汚さず、手間なく一品ができるとすごく便利です。

半調理済み野菜の一部は、あえないサラダにしておいたりしています。

こちらが、あえないサラダを用意したときの画像です。真ん中の白い器のふたつがそうです。

容器に料理

●まとめ

家政婦さんの調理の様子を間近で見て、「とにかく全部出し」「くり返し作業」「あえないサラダ」という3つの調理のコツがあることを知りました。取り入れやすいものからやってみると、毎日のご飯したくがラクになりますよ。

●教えてくれた人
【三條凛花さん】

ライター、整理収納アドバイザー。夫、長女、長男の4人+2猫暮らし。家事をムリせず楽しく続ける工夫を発信。著書に『もっと動ける私になる! 魔法の家事時間割』(扶桑社)、『時間が貯まる 魔法の家事ノート』(扶桑社刊)、『365日のとっておき家事 もっと暮らしやすい家と時短のしくみづくり』がある。ブログ:「365日のとっておき家事」

もっと動ける私になる! 魔法の家事時間割

家事が苦手だった私が家事を楽しめるようになった工夫をお伝えします! ノート術で話題の家事ブロガー最新作。

購入

時間が貯まる 魔法の家事ノート

わが家の家事を1冊にまとめることで「探す・調べる・迷う」をなくす!! やる気もアップ!

購入
このライターの記事一覧
  • この記事を
    シェア