1. トップ
  2. 家事コツ

夏のお弁当の食中毒を防ぐ6つのコツ。梅干しは全体に散らす

ESSE編集部
2021.07.11

気温や湿度がぐんぐん上がるこの時期、食中毒のリスクも上昇。傷まず安心して、おいしく食べられるお弁当をつくるための注意ポイントを、専門家に教えてもらいました!

梅雨どきでもおいしく安心!“傷まないお弁当”のつくり方

お弁当
傷みにくいお弁当のコツ

気温や湿度が上昇する梅雨どきは、さまざまな菌による食中毒のリスクが高まる時期です。

「食中毒の原因になる菌は、温度、湿度、時間の条件がそろうとどんどん増殖。温度は37℃ぐらいがもっとも繁殖しやすく、時間の経過とともに増えていきます。そのため、つくったあと時間がたってから食べるお弁当は、普段の食事づくり以上に気をつける必要が。さらに、今年は家庭内で新型コロナウイルスが感染するリスクもあるので、気を抜かず衛生管理をしましょう」と、食品衛生の専門家、上田成子さん。

梅雨どきでも傷みにくいのは、たとえば上の写真のようなお弁当。さらに、調理前に正しい方法で手を洗い、持ち運ぶときは保冷剤をつけるなど、準備段階から食べる直前まで、大切なポイントが。

「きちんと守り、梅雨どきも傷まないお弁当を安心して味わって」

POINT1:菌の増殖を抑える、梅干しを散らす

梅干しには菌の増殖を抑制する効果が。
「ご飯の真ん中にのせるのではなく、全体に混ぜて」

POINT2:ご飯とおかずの間はきちんと仕切る

おかずの汁気がご飯につくと、そこから菌が増殖。
「仕切りを使い、汁気が流れないようにしましょう」

POINT3:野菜はよく加熱したものを

水分の出やすい生野菜はNG。
「煮物や汁気をよくきったおひたしなど、よく加熱したものに」

POINT4:おかずごとにカップなどで仕切る

おかず同士の汁気が混ざるのも、菌が増殖する原因に。おかずは1種類ずつカップなどで仕切って。

POINT5:ハンバーグなどは小ぶりにして中まで加熱

肉や魚の加熱が甘いと、食中毒の原因菌が残ってしまうことも。
「中までよく加熱しましょう」

POINT6:半熟卵はNG。しっかり焼いた卵焼きに

卵の加熱が甘いとサルモネラ菌などが残ることがあるので、中までよく焼いて。半熟卵はNG。

<撮影/合田和弘 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【上田成子さん】

日本防菌防黴学会女性研究者の会代表、女子栄養大学大学院元教授、獣医学博士。専門は食中毒、衛生学などで、テレビや雑誌などにも多く出演。共著『食品の安全性』(朝倉書店刊)ほか多数。

  • この記事を
    シェア