1. トップ
  2. 家事コツ

タサン志麻さんが自宅で愛用する調理道具。フライパンと鍋は5個だけ

ESSE編集部
2021.07.17

フランス料理のシェフから家政婦に転身し、気軽でおいしい家庭料理レシピが大人気のタサン志麻さん。

そんな志麻さんの自宅キッチンは、狭かったり、最新機能はなかったりしますが、好きなものだけに囲まれた使いやすく居心地のいい場所。“私らしく”をいちばんに考えるフランス人をお手本にした、志麻さんがいちばん好きな場所です。

黄色エプロン女性
志麻さん

志麻さんのお気に入り調理道具。必要最低限だから、スペースも取りません

ここでは、志麻さんがキッチンで実際に愛用している、お気に入りの調理道具を見せてもらいました。

●フライパンと鍋は入れ子になる5個だけ

コンロにフライパン愛用しているのは、取っ手がとれる「ティファール」基本の4個セットに、直径27cmの深型鍋をプラス。「毎日使うから、軽くて洗いやすいのがいちばん。入れ子なので収納場所をとらないのも◎」

●ボウルは深めのものが使いやすい

ボウルにサラダボウルはサイズ違いで3つ。

ボウルに泡だて器「フランスでは、カフェオレボウルでさっと卵を混ぜたりするんです。食器も調理道具のひとつという感じ」

ボウル大中小愛用は「コンテ」のボウル。深さがあって混ぜやすく、スマートなフォルムが省スペース。

●スライサーと泡立て器は持っていると便利

ニンジンスライスおすすめは「貝印SELECT100」のスライサー。「さらに、泡立て器があるとお菓子づくりのハードルがぐっと下がります。ちなみに私は、ホワイトソースも、木ベラでなく泡立て器を使います」

●包丁もまな板も小さい方がラク

小さい包丁とまな板でタマネギをカットまな板は小さい方が洗いやすく、包丁は小さい方が手になじむ。

タマネギをフライパンに入れる様子「フランスの家庭では、素材はその都度適当に切りながら、ラフに鍋に入れていきます。だから、片手で持ち上げられる小さいまな板の方が使い勝手がいいんです」

●ザルはひとつで4役

マッシュポテトザルは水気をきるほか、裏ごしにしたり、粉をふるったりなど多方面で活躍。ボウルをかぶせて大きくふれば、サラダスピナーにも!

ボウルとざる重ね「専用の道具をもっていなくても、料理はおいしくつくれます」

●追加するならグリルパン

グリルパンにお肉肉も野菜もこんがりと焼き目がつくだけで、簡単にごちそう感プラス。「ただ塩、コショウして焼くだけで、お店のような仕上がりに。焼き目の香ばしさが、おいしさをワンランクアップします」

◆志麻さんのキッチン記事はこちらにも!◆

志麻さんの自宅キッチン。生活感がありつつ掃除や収納をしやすい工夫とは

テレビ番組や雑誌で大活躍する、「伝説の家政婦」ことタサン志麻さん。 そんな志麻さんの自宅キッチンは、狭いけれど、最新機能はないけれど。好きなものだけに囲まれた使いやすく居心地のいい場所。“私らしく”をいちばんに考えるフランス人をお手本にした、志麻さんがいちばん好きな場所です。 シンプルだけど遊び心満...続きを読む


伝説の家政婦・志麻さんが自宅キッチンに常備している厳選食材とは?

「伝説の家政婦」として、メディアに引っ張りだこの料理家・タサン志麻さん。 自宅キッチンは、さぞかし設備の整った広い場所なのでは…と思いきや、狭くて最新機能もなし。でも「好きなものだけに囲まれた使いやすく居心地のいい場所です」と話します。 志麻さんの台所。常にストックしているものとは? ここでは気にな...続きを読む

50代からの毎日を応援する記事多数!
「これからの暮らし by ESSEonline」はこちら

<撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>

【タサン志麻さん】

国内外のフレンチレストランで修業ののち、「より自由で簡単なフランス家庭料理を伝えたい」と家政婦に転身。東京都内の下町で、フランス人の夫・ロマンさん、2人の息子たちと暮らす。テレビなどメディアでも活躍。おもな著書に『志麻さんのベストおかず プレミアムなほぼ100円おかず編』(扶桑社刊)

志麻さんのベストおかず プレミアムなほぼ100円おかず編

NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』や日本テレビ系列『沸騰ワード10』で、話題沸騰! 伝説の家政婦志麻さんの、「我慢しない」節約レシピ、集めました!

購入
  • この記事を
    シェア