ひと晩で雑菌が7万倍にも!つけ置き洗いには要注意
2016.04.11

 つい放置してしまった、なんてことがある食後の食器。ついついやりがちなつけ置き洗いは食器に菌が増えてしまい不衛生だそう。専門家に詳しく聞いてみました。

菌が増えやすい食器のつけ置き洗いの危険性

 食後の食器をつけ置きすると、ブドウ球菌や大腸菌の一種などが数万倍に増える可能性があることを、民間の検査機関が発表しました。

「水をはったおけに肉や魚、ご飯、野菜を1~5gずつ入れ、食器とともに室温で10時間放置したところ、菌が夏場(30℃)で7万倍、冬場(10℃)でも1万倍近く増殖しました。食器にも同じくらいの菌がついており、洗剤とスポンジで洗っても、1000分の1程度にしか減りませんでした」(衛生微生物研究センター・李 憲俊所長)

食器 さらに、弁当箱のふちなど洗いにくい場所は10分の1程度しか菌が減らなかったそう。食中毒を避けるためにも、つけ置き洗いは避けたほうが無難。でも、すぐに洗えないときはどうすればよいのでしょう。

「1時間程度であれば、食器をつけ置きしても菌はほとんど増えません。長時間つけ置くときは漂白剤につけたり、食器洗い乾燥機で熱湯消毒するなどしてしっかり殺菌しましょう」(同)

<監修/衛生微生物研究センター・李憲俊さん 取材・文/伊藤幸 工藤花衣 島影真奈美 松浦達也>

カビの科学 (おもしろサイエンス)

カビは私達の周りの至る所に存在し、あまり好かれる存在ではないが、実はカビは、与えられた環境で懸命に生きていだけで、人類の発展に大きく貢献する力も持っている。本書はそんな好悪併せ持つ、カビの実像・活用法、期待されている未来までを科学の視点でわかりやすく解説する。