エタノールor酢?風呂の鏡の水アカ落としに効果があるのはコッチ!
  • この記事を
    シェア

2016.10.14

 こすっただけでは落ちない、お風呂の鏡のガンコな水アカ。こびりついた汚れを落とすには、「エタノールがいい」「お酢が効く」と聞きます。はたして本当?使うならどっちがいいの?というわけで、実験をしてみました!

【エタノールVS酢】汚れに効くのはどちら?実験を開始!

<BEFORE>

BEFORE
BEFORE

 ウロコ状の水アカがつき、白くくもった状態のガラスを2つに区切り、それぞれの方法で汚れの落ち具合を比較しました。現状、ガラスは水アカで真っ白な状態。

【エタノール】をつけてふき取る

エタノールをつけてふき取る台所用スポンジにエタノールを適量つけて全体をゴシゴシこする

【酢】をつけてふき取る

酢をつけてふき取る台所用スポンジに酢を適量つけて全体をゴシゴシこする

それでは実験結果を発表!

<AFTERその1>

AFTER 1
左から:酢、エタノール

 まだうっすら白っぽい模様。スポンジでこすっただけでは、両方とも表面の汚れが少し落ちるものの、こびりついた汚れは落ちず、白っぽくくもったような状態です。

●そこで、さらにペーパータオル&ラップで3時間おおって湿布しました!

ペーパータオル&ラップで3時間
ペーパータオル&ラップで3時間
<AFTERその2>

AFTER 2
左から:酢、エタノール

 すっきりきれいに!

結論:酢とラップ湿布を組み合わせが、もっとも水アカを撃退!

 水アカは、水道水中のミネラルなどが固まった汚れ。酢を浸したペーパータオルとラップで湿布をしてからこすると、酸の力によって水アカが分解されてきれいになります。

 エタノールでも、多少きれいになるものの、水アカは溶解されず、ポツポツと水アカが残り、汚れがしっかり落ちませんでした。

<撮影/山田耕司 監修/フジテレビ商品研究所>