1. トップ
  2. 家事コツ

トイレの便器の黒ずみは集中パックでピカピカに。スプレー+ペーパーで簡単

ESSE編集部
2020.12.29
  • この記事を
    シェア

今年も残りわずか。しっかりトイレをピカピカにしませんか?
家事大好き芸人の家事えもんこと松橋周太呂さんに、100円グッズを使ったお掃除テクを教えていただきました。

トイレの大掃除。100円グッズを使ってにおいや黄ばみをシャットアウト!

100円グッズや家にあるもので代用できる掃除道具を使って、トイレをきれいにしましょう。

●便器の黒ずみは、泡タイプのカビ取りスプレー+トイレットペーパーで湿布する

便器フチにティッシュ
トイレットペーパーで黒ずみ部分をパック

トイレットペーパーを約30cmにカットし、便器のフチの内側に垂らしてカビ取りスプレーを吹きかけ、フチの裏側にはりつけるようにする。

便器内にティッシュこれを繰り返して便器の内側全体にカビ取り剤を湿布し、約5分おいて流す。

便器に水バケツか洗面器で水を思いっきり流し、水位を下げて(便器の種類によっては温水便座の機械の操作で水位を下げる)。
※節水タイプのトイレ等、設備によってはつまりの原因となる恐れがありますので、注意して行ってください。

●シャワートイレの細かい汚れは、専用トイレブラシ+セスキ炭酸水スプレーで落とす

シャワーノズルの掃除シャワー部分のノズルを引き出し、セスキ炭酸水スプレーをつけた専用ブラシでこする。
「シャワーの穴の部分や裏側、便器本体の接合部分など、細かい溝に汚れがたまるので、よくこすり落として」

<これも100円!>専用トイレブラシ

トイレブラシシャワートイレの細かい汚れ落としに。穴の部分にも小さなブラシが入ります。使い捨てできるのも長所。

・ノズルにフィット! トイレブラシ3本 全長約14.5cm(ダイソー)

古歯ブラシを使いやすく曲げて代用!

ドライヤーと歯ブラシ
これで代用も!

専用のブラシがない場合は、古歯ブラシで代用。

歯ブラシを曲げる「柄の部分にドライヤーの熱を当て、外側に曲げると使いやすくなります」

●床や壁の黄ばみは、お掃除クロス+セスキ炭酸水スプレーでこすり落とす

トイレの床掃除
トイレの床もきれいに掃除!

お掃除クロスにセスキ炭酸水スプレーを吹きつけ、床や壁をふき掃除。

「床は便器の周りに汚れがたまりやすいので重点的に。便器回りの壁にも尿が飛び散るので、よくふいて」

使用した100円ショップのお掃除グッズはこちらを参考にしてみてくださいね。
参照:100円グッズの優秀お掃除グッズ。家事えもんのおすすめは?

※この特集で紹介した商品は、取材時に各店舗で販売されていたものです。本誌発売時には、仕入れ状況によって同じ商品が店舗にない場合や、すでに販売が終了している可能性もありますので、ご了承ください。価格はすべて110円(税込)です。

※塩素系漂白剤など「混ぜるな危険」の表示がある洗剤は、酸性のものと混ざると有毒ガスが発生します。クエン酸や酢など酸性のものと混ぜるのはもちろん、酸性洗剤の直後に使うのも避けて。また、洗剤や柔軟剤には、建材や設備機器によって使用できないものが含まれている場合があります。建材や設備機器の取扱説明書、洗剤等の注意書きを確認してから使用してください。各種洗剤を使用する際は、ゴム手袋などを着用し、換気も行ってください。

<撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【松橋周太呂さん】

家事大好き芸人。掃除、洗濯、料理が好きで「掃除検定士5級」「ジュニア洗濯ソムリエ」「調味料検定“通”」の資格をもつ。洗剤や掃除グッズ集めが趣味。著書に『ほったらかし掃除術』(SBクリエイティブ刊)ほか。

【この記事も読まれています】