1. トップ
  2. 家事コツ

トイレの正しい掃除法。コロナウイルスの家庭内感染を防ぐコツ

ESSEonline編集部
2020.12.05
  • この記事を
    シェア

新型コロナウイルスの第3波が到来し、家庭内感染が危険だと言われている今こそ対策が必要です。
ダイヤモンド・プリンセス号の除菌作業にも参加した清掃のプロ・神野敏幸さんに、家庭のトイレの除菌・掃除術を伺いました。

コロナウイルスの家庭内感染を防ぐトイレ掃除の方法

トイレ
家庭内感染を防ぐトイレ掃除

「除菌・掃除術のポイントは、除菌スプレーを直接噴霧せず、ウエス(ぞうきん)で一方向にふくことです」と語る神野さん

「料理店などで除菌スプレーをテーブルに直接吹きかけてウエス(ぞうきん)でふいて除菌をしているシーンをよく見かけると思いますが、これは間違い。表面に付着しているウイルスが噴霧の勢いで拡散してしまいます」

正しい除菌・掃除の方法は、ウエス(ぞうきん)に除菌スプレーを含ませてから、テーブルなどをふくこと。こうすることで、物体の表面のウイルスを汚れごとふきとることができます。また、トイレの除菌・掃除は念入りに行いましょう」

ここでは、トイレの除菌・掃除について、正解を詳しく紹介していきます。

●トイレの除菌ポイントは、目に見えない汚れもしっかり落とすこと

トイレはさまざまなウイルスや雑菌が存在する場所です。下水を調べて排泄物に含まれる新型コロナウイルスを検出し、感染拡大の予兆を確認する研究も進められていますから、トイレの除菌・掃除がいかに重要かおわかりいただけるでしょう。

トイレの除菌ポイントは、目に見えない汚れもしっかり落とすこと。使用後に便座を閉めずに水を流したり、男性が立ったまま用をたしたりすると、便器内の水が飛び散って床や壁にまで広がります。
ウイルスが付着する恐れがあるだけでなく、これを放置すると雑菌の繁殖や悪臭の原因に。便器まわり、便座の表側や裏側はもちろんのこと、壁や床もきちんと除菌・掃除しましょう。

●トイレの除菌・掃除に必要なもの

トイレブラシトイレの除菌・掃除に必要なのは、以下の5アイテム。
・ウエス(ぞうきん)
・マスク
・ゴム手袋
・新型コロナウイルスに有効的な界面活性剤入りのトイレ用洗剤
・トイレブラシ

ウエス(ぞうきん)は、古布などでもいいですが、薄手でやわらかく形にフィットするものがオススメです。
マスクは、市販でも手づくりでも好みの物でOK。できるだけ隙間があかないものをセレクトしましょう。
ゴム手袋は手にぴったりフィットし、手首まで隠れるロングタイプを選びましょう。
新型コロナウイルスに有効だと確認されている「界面活性剤」が入ったトイレ用洗剤は、経済産業省が公表している製品リストを参考にしてください。
また、除菌・掃除に使用したトイレブラシなどは、ちゃんとゆすいで水をしっかりきって乾燥させて保管しましょう。

●トイレの除菌・掃除は順番が大切

トイレの壁を拭き掃除トイレで重要なのは除菌・掃除をする順番です。用をたすことで飛び散ったウイルスや雑菌を広げないよう、高いところから低いところへ向かって除菌・掃除をしていくのが基本の手順です。

壁→トイレットペーパーホルダー→タンク→便座→便器→レバー→床

の順番に行います。また、除菌・掃除中は、顔を触ったりしないように気をつけましょう。

●壁は上から下へふく

壁は、新型コロナウイルスに有効的なトイレ用洗剤をウエス(ぞうきん)に含ませて、上から下へ一方向にふいていきます。どのくらいの高さからふくかは、家族の中でいちばん背の高い人の手が届く範囲を基準にしてください。

●タンクにある手洗い器の周辺にも気をつける

次にトイレットペーパーホルダーの除菌をしますが、必ずトイレットペーパーを外してから行いましょう。トイレタンク、便座も一方向にふいて除菌・掃除が基本のルール。

タンクにある手洗い器を利用している場合は、水飛沫とともにウイルスが周辺に飛び散っている可能性も考えられるので、入念にウエスでふいて除菌・掃除をしてください。

●便器はトイレ用洗剤を使いブラシでこする

便器は、新型コロナウイルスに有効なトイレ用洗剤を使用して、トイレブラシでゴシゴシとこすればOKです。この場合は、ブラシを一方向に動かすことを意識しなくても大丈夫です。
ポイントは、除菌・掃除が終わったら残ったウイルスが飛び散らないように必ず便座のフタをしてから水を流すこと。また、小さな子どもがいる場合は、便器の足元を触ってしまうことが多いので、入念に除菌・掃除をしておく必要があります。

●壁をふくときは、奥から手前へ

そして最後が床。掃除機をかけても問題ないですが、しっかり除菌・掃除をするなら新型コロナウイルスに有効なトイレ用洗剤を含ませたウエスで拭き取りましょう。このときのコツは、トイレの奥から手前に一方向にふくこと。手前から奥にふくと、ウイルスや汚れが奥に溜まってしまいます。

●使い捨てアイテムを活用するのもおすすめ

トイレットペーパーにスプレー掃除用具に使い捨てペーパーやトイレットペーパーを利用して除菌・掃除をするのは、ウエス(ぞうきん)での作業よりも衛生的かつ賢い方法です。除菌・掃除が終わったら、そのままトイレに流してしまえるので、ラクに除菌・掃除ができます。

新型コロナウイルスに有効なトイレ用洗剤をペーパーに吹きかけて除菌・掃除をしたい部分をふくだけでOKです。また最近は、使い捨てのトイレブラシも販売されていますので、利用するのもひとつの手です。

神野さんが監修した『科学的に正しい除菌・掃除術』(扶桑社刊)には、家じゅうの除菌・掃除方法が詳しく書かれています。これらを参考にして、家庭内の感染対策に努め、コロナ禍をのりきりましょう!

<写真/林紘輝 取材・文/ESSEonline編集部>

●教えてくれた人
【神野敏幸さん】

株式会社レリック 代表取締役、一般社団法人 日本特殊清掃隊 理事。2013年1月に株式会社レリックを設立。生前の想い出整理・空き家整理・遺品整理・相続支援整理・特殊清掃・除菌脱臭・合同供養・生活消耗品の寄付(レリックの杜)リサイクル品回収・古物買い取り・国内ネット販売・海外貿易事業・ハウスクリーニング・リフォーム等を中心に展開中。ダイヤモンド・プリンセス号の除菌作業に一般社団法人 日本特殊清掃隊として参加し、新型コロナウイルスの除菌の礎を築いた

新型コロナウイルス対策のプロが教える! 科学的に正しい除菌・掃除術

ダイヤモンド・プリンセンス号の除菌で注目! テレビで話題に! 新型コロナウイルス、インフルエンザ対策の最新版!

購入

【この記事も読まれています】