1. トップ
  2. 家事コツ

大掃除、クリスマス準備は今すぐが吉。師走を疲れず乗りきるコツ

2020.11.29
  • この記事を
    シェア

気がつけば12月もすぐそこ。師走という言葉があるように、年末はなにかとバタバタしてしまいがち。
そこで、今のうちに行っておきたいのが「師走しごと」です。バタついて疲れたまま年を越さないために今からできることを、ラク家事を提唱する三條凛花さんに教えてもらいました。

窓を掃除する様子
師走の忙しさを乗りきろう

“師走しごと”は秋のうちに始めたほうがいい理由。スケジュールの立て方

【この記事で紹介すること】
・行事やイベントの多い12月を乗りきるために、今からはじめたいことについて
・コロナの影響で、クリスマスの外出を取りやめたり、例年は帰省する人たちも自宅で年越しするケースが多いはず。いつもと違う12月をスムーズに楽しく過ごすためのプランニングを紹介

年の暮れに近づくにつれて、どんどん忙しくなり、疲れが溜まってくる…。それは、ほかの月と同じように過ごしているのが原因かもしれません。

12月は、「やること」が増える月です。一般的なのは、片づけ・大掃除・年賀状づくり・クリスマス準備・年越し準備といった5つの作業。年末をゆったり過ごすためには、こうした“師走しごと”に早いうちから取り組むのが大切です。

今回は、師走しごとを早くはじめたほうがいい順番で紹介していきます。なお、「うちでは年賀状を出すのはやめた」というように、ご家庭によってやることの多さは変わってくると思いますので、取り入れられるところからぜひ参考にしてみてください。

(1) 大掃除がスムーズになる「超片づけ」

テーブルにネコ一般的に「大掃除」と呼ばれるのは、12月以降、家全体を念入りに掃除していくことかと思います。ただし、私の定義する大掃除は次の3つに分かれています。

「超片づけ」 今からできる家の各部屋の収納見直し
「コツコツ掃除」 12月20日頃をリミットとした掃除頻度の少ない場所のコツコツ掃除
「最終掃除」 大みそか(帰省する場合は自宅で過ごす最後の日)に行う、いつも通りの掃除

まず始めるべきなのは「超片づけ(ちょうかたづけ)」。これは私の造語。「大片づけ」だと語呂が悪かったので、呼びやすいネーミングにしています。

超片づけで行うのは主に3つのことです。

・粗大ゴミ探し

まずは、家じゅうを点検して、粗大ゴミを探しましょう。粗大ゴミは、申込みから回収まで時間がかかることが多く、12月に入ってからだと年内に捨てられないケースもありますので、優先的に捨てるものを確認してください。

・気になる場所の片づけ

粗大ゴミを探す過程で見つけた「散らかりがちな場所」を片づけていきます。「なにがどんなふうに散らかっているのか」を考えながら行うと、再び散らかるのを防ぎやすくなります。

・10か所片づけ

家の中から「10か所だけ」選んで片づけをします。
大切なのは、引き出し1段のような小さな単位を1か所に設定すること。家じゅうだとハードルが高く思えても、小さなスペース10か所分なら手軽に取り組めます。

10か所片づけが終わった時点で「やる気」を確認。そのまま片づけられそうなら、もっといろいろな場所を片づけていき、飽きたなら「コツコツ掃除」に進んでいきましょう。

(2) 年越し直前をゆったり過ごせる「コツコツ掃除」

タオルなど掃除用具次に行うのは、大掃除2つ目の「コツコツ掃除」です。12月20日頃をタイムリミットに設定し、掃除計画を立てましょう。

なるべく「いつもしない場所の掃除・手入れ」を行うのがポイントです。たとえば、床のワックスがけや、壊れたものの修繕・メンテナンス。シンク下のものをすべて出して拭き掃除をしたり、洗濯機をどけて掃除をしたり、クローゼットや押入れの中身を出して掃除するのもおすすめです。

こちらも「10か所」を目安にしましょう。目標数が具体的に決まっていると取り組みやすく、しかも、すっきりと終わることができます。

(3) ギリギリ投函をやめられる「年賀状したく」

ノートとはがきようやく書き終えた年賀状を投函するのは大みそか――。数年前までは、これが私の習慣でした。でも、今は違います。年賀状の準備を分解して、ゴールを決めているからです。

年賀状の準備は、5つのステップに分かれます。

1.誰に出すのかを決める(住所変更の確認、住所リストの作成など)
2.はがきのデザインを決める(デザイン決め、写真の用意、家族への相談など)
3.年賀状をつくる(自作または業者への依頼)
4.宛名書きをする(自分で書く、印刷する、業者に依頼する)
5.コメントを書く

おすすめは12月15日までに終わるようにスケジュールを組むこと。この日が、例年の年賀状の受付開始日となります。予定がずれてしまうことも考えて、早めに終わるように決めていきましょう。
年賀状じたくは早ければ早いほどよく、とくに業者に注文する場合、早割が適用されるケースも。

手書きコメントを添えたい人におすすめしたいのは「ハッピーニュース」をピックアップすること。今年1年間、各月で3つのハッピーニュースを探してみてください。楽しかったこと、うれしかったこと、子どものイベント、その時期にハマっていたことなどです。

これを書き出してみると、相手に合わせて違ったコメントを書きやすくなります。なにより、自分が楽しく、また、1年の振り返りもできるので一石三鳥の師走しごとです。

(4) 焦らず思い出に残る「クリスマスじたく」

クリスマスツリーに飾り付ける様子クリスマスの過ごし方は、家庭によって大きく変わってくると思います。

決めるべきことや予約するべきことを、だいたい網羅すると5つに分けられます。

1.クリスマスの飾りつけ(クリスマスツリー、リース、壁面など)
2.クリスマス付近の予定(ディナーやコンサート、ホームパーティー、お出かけなど)
3.クリスマスケーキ(手づくり・もしくは発注)
4.クリスマス当日の料理
5.クリスマスプレゼント

季節行事やイベントは、よく「丁寧な暮らし」に位置づけられます。でも、ハードルが高く感じられるのは、こうしたこまごましたことの多さが原因。逆に言うと、なにをいつまでにやればいいかが決まっているだけで、ぐっと動きやすくなります。

やるべきことを知る。じつは、これがスタート地点です。

(5) プチストレスがなくなる「暮れじたく」

おせち料理多くの人が休みになる年末年始。あらゆることが普段とは変わってきます。ちょっとした困りごとをなくすためには、事前の調べ作業と買いものが大切です。

・各種営業日の確認

医療機関、スーパー、ATM、郵便局、ゴミ収集日など。営業日・営業時間の確認をしておきます。医療機関については、年末年始期間の当番医も調べておくと安心です。

・食事の確認

おせち、年越しそば、その他メニュー、インスタント等すぐに食べられるストック品。おせちをつくるのか、注文するのか、それとも食べないのか。年越しそばをどうするのか。正月三が日のメニューや、食べ飽きたときのためのストック品の有無など。

それぞれ献立決めや、材料調達、予約などが必要になります。ご家庭によって大きく変わってくる部分です。

・消耗品の確認

お店が閉まってしまうので、消耗品の在庫確認が大切です。トイレットペーパーやティッシュ、シャンプー、洗剤のほか、常備薬やコンタクトレンズなどもチェックしておきましょう。

・行事の確認

年末年始の行事を大切にするご家庭なら、お正月飾りの出し入れをする日程、初詣の行き先と詳細などのチェックも必要です。

●これでもう管理に悩まない!やることがみるみるわかる100均ノート活用術

最後に紹介したいのは、やることを漏れなく把握するためのノート術です。

ノート「マンダラート」という発想法をご存知でしょうか。9つのマスをつくり、中心にテーマを書き、その周りに派生する内容を書き込んでいくというものです。
おもにアイデアを出すときに使われているマンダラートですが、私はやるべきことの洗い出しにも重宝しています。

たとえば、写真では「年末年始の営業日確認」をしたいのでそのテーマを中心に書き、その周りに「ATM」「スーパー」「ショッピングモールA店」「病院」というように確認したい事項を書き込んでいきます。そして、調べたら丸をつけたり、消したりします。

ここでは、ダイソーの「SMARTWORKING」というシリーズのノートで、マンダラチャート式になっているものを使ってつくってみました。ふつうの紙やノートでも、自分でマスを書けばかんたんに取り組めます。

やるべきことをあらかじめまとめて整理しておくと、慌てることもなく、疲れもなく年越しができると思います。ぜひ、今から暮れじたくをはじめて、穏やかに年を越してみませんか。

●教えてくれた人
【三條凛花さん】

ライター、整理収納アドバイザー。夫、長女、長男の4人+2猫暮らし。家事をムリせず楽しく続ける工夫を発信。著書に『もっと動ける私になる! 魔法の家事時間割』(扶桑社)、『時間が貯まる 魔法の家事ノート』(扶桑社刊)、『365日のとっておき家事 もっと暮らしやすい家と時短のしくみづくり』がある。ブログ:「365日のとっておき家事」

もっと動ける私になる! 魔法の家事時間割

家事が苦手だった私が家事を楽しめるようになった工夫をお伝えします! ノート術で話題の家事ブロガー最新作。

購入

時間が貯まる 魔法の家事ノート

わが家の家事を1冊にまとめることで「探す・調べる・迷う」をなくす!! やる気もアップ!

購入
このライターの記事一覧

【この記事も読まれています】