1. トップ
  2. 家事コツ

キッチンの好きな場所にタオルをセット!時短になる便利グッズ

2020.10.06
  • この記事を
    シェア

キッチン仕事は時間勝負。なるべく効率的に、ラクにすませたいものです。調理中や洗いもの中にタオルは欠かせませんが、皆さんはどこにタオルをかけていますか?
「キッチン動線をスムーズにするには、じつはタオルの位置がとても大事なんです」と話してくれたのは、整理収納アドバイザーの川根礼子さん。今回は、川根さんが実践しているタオル収納テクをご紹介します。

キッチンにタオル
ノールックでタオルを押し入れるのが快感!

タオルまでクルッと1歩、が積み重なると時間のムダに!

川根さんは以前、食器や調理器具をふくタオルを、冷蔵庫横につけたマグネットフックに引っかけていました。

冷蔵庫「冷蔵庫はシンクのすぐ向かいなので、それほど遠くはありません。でも必要なときに毎回クルッと振り向いてフックから外すのがプチストレスに。フックに戻すときも、タオルループを確認して引っかけるのにひと手間かかっていました」

冷蔵庫にタオル振り向いて1歩、タオルをつかむことで2アクションとなり、戻すときはループを探すという3アクションに。これが1日に何度もあるため、積み重ねで時間のムダになってしまいます。

●ダルトンのタオルホルダーですべて解決!

そこで川根さんがとり入れたのが、タオルホルダー。

「ダルトンのもので、強力両面テープではりつけるタイプのタオルホルダーです。中央はスクリューになっていて、タオルをグイッと押し込むだけでホールドできます」

タオルホルダースクエアとラウンド型の2タイプあり、川根さんはスクエアを選択。

「このタオルホルダーを作業スペースのすぐ下、食洗機の扉部分にはりつけました。シンクにもガス台にも近いから、クルッと振り向くことなくどこからでもタオルをとることができるように!」

食洗器にタオルホルダースクリューに挟むだけなので、タオルループの位置を気にせず、しかも手元を見なくても元に戻すことができます。

タオルホルダーにタオル「両面テープはかなり強力なので、落下する心配もなし。ただし強力ゆえに気軽に位置をずらすことは難しいため、使い勝手を試したい人は下地にマスキングテープや養生テープをはってから使うといいと思います」

家事の時短につながるタオルホルダー、みなさんもぜひ試してみてください。

<取材・文/佐藤望美>

●教えてくれた人
【川根礼子さん】

整理収納アドバイザー1級、ビジュー式片付けカードワークインストラクター、整理収納コーチング2級、ルームスタイリスト2級など数々の資格を持つ整理収納のプロ。沖縄宮古島にてお片づけサポートやサロンレッスン、カフェでの片付けアドバイスなどきめ細やかなサービスが人気。ブログ「片づけごとと暮らしごと。」を日々更新中。

このライターの記事一覧