1. トップ
  2. 家事コツ

トイレの温水洗浄部分は汚れてる!意外なアイテムで密着掃除

2020.09.28
  • この記事を
    シェア

毎日使うトイレ。温水洗浄部分がきれいだとうれしいですよね。
掃除スペシャリストとして家事や掃除をラクにする工夫を発信し、著書もあるAyakaさんが、トイレの温水洗浄部分をきれいにする掃除テクを教えてくれました。

トイレの温水洗浄便座掃除。顔に使う○○でピカピカに!

わが家では汚れたときのほか、月1回トイレ掃除をしています。そこで活躍しているのが泡タイプの洗剤。

●温水洗浄部分は洗剤が流れ落ちてしまう!

温水洗浄部分はなかなか掃除ができない場所なので、月に1回はしっかりと汚れを取りたいもの。

温水洗浄部分に洗剤
温水洗浄部分は洗剤が流れ落ちてしまいます

でも液体タイプはもちろん、泡タイプの洗剤も温水洗浄部分にとどまってくれず、このように下に流れ落ちてしまいます。

そこで顔に使う「コットン」を使用すると、洗剤が密着するんです。

●スキンケア用のコットンで「洗剤パック」

コットンを持つ様子使用方法はとても簡単。

コットンに洗剤をつけて、きれいにしたい部分に密着させるだけ。
トイレットペーパーよりも液がたっぷりと密着し、汚れがするっと落ちます。

ウォッシュレット部分にコットンを押す様子こんな感じで、掃除用手袋をはめた指でコットンを押し当ててください。

ときどき様子を見ながらコットンパック。

ウォシュレット部分にコットン洗剤が下に垂れ落ちず、汚れにぴったり密着!

ウォシュレット部分にコットンアップしっかりと汚れを取りたいからこそ密着が必要です。

●放置した後は霧吹きでしっかり洗い流します

放置した後は洗い流します。ここでは、霧吹きを使用しています。

スプレーを持つ様子横向きにしてもスプレーができるタイプの霧吹きがおすすめ。

キレイになったウォシュレット部分こんなにきれいになりました!(Before写真は汚すぎるので自粛します)

ウォシュレット部分を黒い布でふく最後に水分を不要の布でふき取ります。
今回はいらなくなったTシャツを再利用してふき上げました。

キレイになったトイレ意外と汚れやすい温水洗浄部分。より効果的に汚れを落としてくれるのがコットンと泡タイプの洗剤の組み合わせ。

おうちでぜひ試してみてくださいね。お見苦しいお写真が多く大変失礼いたしました。

※ここで紹介している掃除道具や洗剤のなかには、建材や設備機器によって使用してはいけないものが含まれている場合があります。建材や設備機器の取扱説明書、また、掃除道具と洗剤の注意書きを事前に確認してから、使用してください。各種洗剤を使用する際には、ゴム手袋を着用してください。
※温水洗浄部分の奥には電子部品が入っていることもあるので、水をかけないよう気をつけてください。
※アルミ素材の換気扇やコーティング加工してあるものは変色変質の恐れがあるので中性洗剤を用いて下さい。
※塩素系漂白剤、塩素系カビ取り剤は、クエン酸などの酸性のものと混ぜると有毒ガスが発生するので、絶対に同時に使用しないでください。塩素系の洗剤を使用する場合にはゴム手袋をして、必ず換気を行うようにしましょう。

●教えてくれた人
【Ayakaさん】

整理収納アドバイザー1級、掃除スペシャリスト1級、ルームスタイリスト1級。5歳と2歳の子どもをもつ母。2016年にマイホームを建てたのを機に、掃除、収納、日々の暮らしをSNSに投稿するように。書籍『時間もお金もかけない! ほったら家事』を出版

このライターの記事一覧