1. トップ
  2. 家事コツ

浴衣を家で洗う方法。洗い、すすぎ、脱水までを10分以内で

ESSE編集部
2020.09.29
  • この記事を
    シェア

家で洗うのが大変そうなイメージのある浴衣ですが、じつは難しくありません。
洗濯のプロ集団「洗濯ブラザーズ」に洗い方を教えてもらいました。スピーディに手洗いすることで、生地の負担を最小限に抑えることがポイントです。

浴衣を家で上手に洗う方法

たたまれた浴衣
浴衣を家で洗う方法

スピーディに手洗いして生地の負担を最小限に!

(1) 表示を確認し、色落ちチェック

浴衣にタオル手洗いできるものか、表示をチェック。OKなら、裾の折り返しなどの目立たない場所にタオルで洗剤をつけて、色落ちしないかチェック。色落ちしなければ手洗いできる。衿元や脇の下など、汗をかいた部分があればプレウォッシュ液を直接スプレーし、洗濯ブラシなどでたたいて約15分おいて洗い流しておく。

<プレウォッシュ液のつくり方>
スプレーボトルに洗濯用液体洗剤(弱アルカリ性または中性)を入れ、同量の水道水を加えて軽くふり、混ぜる。1週間以内に使いきる。

(2) ネットに入れて3分押し洗いし、1分すすぐ

ネットに浴衣
ネットのサイズに合わせてたたむ!

浴衣を裏返しにしてたたみ、洗濯用ネットに入れる。

桶に浴衣を入れて押すタライなどに水を入れておしゃれ着用中性洗剤を表示どおりに溶き、ネットの上から3分ほど優しく押し洗い。洗剤液を捨て、水を入れて1分ほどすすぐ。

洗剤液に浴衣を沈め、持ち上げて洗剤液が流れ出るようにするのを繰り返す。すすぎは真水で同様にする。

桶から浴衣を持ち上げるこれを繰り返す。

(3) 洗濯機で1分脱水

洗濯機に浴衣
洗い→すすぎ→脱水までを10分以内で!

洗濯機で1分脱水する。すすぎで洗剤が完全に落ちきらなくても、洗濯機の遠心力にかけることで、洗剤成分が飛ぶ。

(4) サオにとおして陰干し

サオに通した浴衣浴衣を裏返したまま袖と肩の部分を物干しザオにとおし、日陰か室内で干す。

※洗剤は条件により固まったり、溶けにくくなる場合があります。また使用する家電については取扱説明書、注意書きを確認してから使用してください。

<撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【洗濯ブラザーズ】

茂木貴史さん、茂木康之さん、今井良さんの3人で結成。洗濯を楽しくするために活動するプロ集団。クリーニング店を経営し、商品開発、セミナー、講演なども行う。著書に『間違いだらけの洗濯術』(アスコム刊)