1. トップ
  2. 家事コツ

夏用の帽子を家で洗う方法。麦わら帽子はタオルでお手入れ

ESSE編集部
2020.09.28
  • この記事を
    シェア

すっかり秋の気配です。夏に使った衣類を衣替えする前に、きれいに汚れを落としておきましょう。洗濯のプロ集団「洗濯ブラザーズ」に、帽子と水着の洗い方を教えてもらいました。

家で夏用の帽子を洗う方法

緑の帽子
帽子を家で洗う方法

夏用の帽子は優しく手洗いして型崩れを防ぎます。

(1) 目立たないところで色落ちチェック

タオルに洗剤まずは洗濯表示を確認。手洗いできるものなら、つばの裏側など、目立たないところにタオルなどで洗剤をつけてみて、色落ちチェックを。

白タオルで帽子を洗うタオルに帽子の色がつくようなら、洗剤をさらに弱いものに替えるか、手洗いするのはやめる。

(2) 手洗いする

帽子を手洗い汗ジミなど気になる部分があれば、まずはプレウォッシュ液を直接スプレーし、洗濯ブラシなどでたたいて約15分おいて洗い流しておく。次に、常温の水に洗濯用液体洗剤を表示どおりに溶き、帽子を入れて押し洗い。

<プレウォッシュ液のつくり方>
スプレーボトルに洗濯用液体洗剤(弱アルカリ性または中性)を入れ、同量の水道水を加えて軽くふり、混ぜる。1週間以内に使いきる。

(3) シャワーですすぐ

帽子をシャワーですすぐ型崩れを防ぐため、シャワーを使ってすすぎ、洗剤成分をよく落とす。

(4) タオルドライして陰干し

帽子をタオルドライ乾いたタオルで全体の水気をよくふき取り、内側にタオルなどをつめて形を整える。

帽子を陰干し
形を整えて

風とおしのよい場所で陰干しする。

茶色の帽子ナイロン製のアウトドア用帽子なら、ネットに入れて洗濯機で洗ってもOKです。

●水洗いできない麦わら帽子や日傘のお手入れ方法

・麦わら帽子

麦わら帽子洗濯用液体洗剤を表示どおりに水に溶き、タオルを浸して絞り、額が当たる内側のリボンについた皮脂汚れをふく。次に、水ぶきで洗剤を落として。洋服用ブラシで全体のホコリを払えばOK。

・日傘

日傘
目につく汚れを優しく落とす

おしゃれ着用中性洗剤を表示どおりに水に溶き、スポンジを浸して目につく汚れを軽くたたいたあと水ぶき。シルクなどデリケート素材はシミになることがあるので、プロにまかせて。

家で水着を洗う方法

赤水着使い終わったらすぐ塩素や海水を水で流すのが大切です。その場ですすいでから持ち帰るのがベスト!

(1) 真水でよくすすぐ

水着をすすぐ表面についた海水やプールの塩素などが残ると生地が傷む原因に。まずは真水でよくすすいで。

(2) ネットに入れて洗濯機へ

洗濯機にネットに入れた水着を入れる洗濯用ネットに入れ、洗濯機のドライコースで洗う。洗剤はおしゃれ着用中性洗剤で。

(3) 陰干しする

水着陰干し直射日光に当たると色落ちの原因に。日陰か室内で、ハンガーやピンチハンガーなどにつるして干す。

※洗剤は条件により固まったり、溶けにくくなる場合があります。また使用する家電については取扱説明書、注意書きを確認してから使用してください。

<撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【洗濯ブラザーズ】

茂木貴史さん、茂木康之さん、今井良さんの3人で結成。洗濯を楽しくするために活動するプロ集団。クリーニング店を経営し、商品開発、セミナー、講演なども行う。著書に『間違いだらけの洗濯術』(アスコム刊)