1. トップ
  2. 家事コツ

汚れた衣類は水多め&粉洗剤で洗うのが正解。においも残らない

ESSE編集部
2020.09.22
  • この記事を
    シェア

秋です。衣替えで夏物をしまう前に、汗の汚れやシミ、黄ばみなどを残さず、きれいに洗っておきましょう!
洗濯のプロ集団「洗濯ブラザーズ」に教えてもらいました。さっぱり洗って、来年に汚れを残しません!

洗濯ブラザーズ
洗濯ブラザーズのみなさん

夏物洗濯、ここが知りたいQ&A。汚れが落ちる正しい洗濯法って?

夏物洗濯についての疑問に、洗濯ブラザーズが答えてくれました。

●Q:たくさん汗をかいたTシャツ。においを残さない洗い方を教えて!

A:たっぷりの水と粉洗剤で洗いましょう。

粉洗剤
粉洗剤なら汚れ落ち◎

たっぷりの水を使い、液体タイプより洗浄力の高い、粉洗剤を使って洗うことで、しっかりにおいと菌を除去します。洗濯機の標準設定のままだと節水モードになっていて汚れ落ちがよくないので、設定を変えましょう。

Tシャツ
脱いだらまず乾かす!

汗で濡れたTシャツを洗濯カゴに入れると菌が拡散。脱いだらすぐ、つるして乾かして。粉洗剤は蛍光剤や漂白剤無配合のものを。

【メーカーの平均的な設定と、洗濯ブラザーズおすすめの設定:縦型の場合】

・洗い:8分~10分
・すすぎ:節水モードで2回 → おすすめは「すすぎ:水量多めで2回」
・脱水:7分 → おすすめは「脱水:3分~5分」

【メーカーの平均的な設定と、洗濯ブラザーズおすすめの設定:ドラム式の場合】

・洗い:8分~10分 → おすすめは「洗い:20分」
・すすぎ:節水モードで2回 → おすすめは「注水で2回」
・脱水:8分 → おすすめは「脱水:3分」

●Q:リネンや麻のシャツ。シワにならない洗い方、干し方を知りたい!

A:ネットに入れて洗い、脱水時間は1分で

たたんでネットに入れ、脱水時間を1分に設定して洗い、ハンガーにかけて干しましょう。脱水しすぎないことでシワを防ぎ、水の重みでシワが伸びます。衿、袖口、前立て、縫い目などを手で伸ばすとシャッキリ!

前立てや縫い目を伸ばす様子
前立てや縫い目は伸ばして!

●洗濯表示もチェック

「リネン」や「麻」の商品名でも、じつはメーカーによって素材がさまざま。洗濯表示を確認し、デリケートなものはおしゃれ着用中性洗剤を使い、ドライコースで洗って。

水温40℃を限度に洗濯機で洗える・水温40℃を限度に洗濯機で洗える

水温40℃を限度に洗濯機で弱い洗濯ができる・水温40℃を限度に洗濯機で弱い洗濯ができる(下線が増えるほど弱めに洗う)

水温40℃を限度に手洗いのみ・水温40℃を限度に手洗いのみ

家庭での洗濯禁止・家庭での洗濯禁止(ドライクリーニングに出す)

※洗剤は条件により固まったり、溶けにくくなる場合があります。また使用する家電については取扱説明書、注意書きを確認してから使用してください。

<撮影・山田耕司 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【洗濯ブラザーズ】

左から茂木貴史さん、茂木康之さん、今井良さんの3人で結成。洗濯を楽しくするために活動するプロ集団。クリーニング店を経営し、商品開発、セミナー、講演なども行う。著書に『間違いだらけの洗濯術』(アスコム刊)