1. トップ
  2. 家事コツ

夏の玄関のにおいが靴ケアで改善!洗わなくてもここまですっきり

ESSE編集部
2020.09.08
  • この記事を
    シェア

家のなかでよく目につくはずなのに、掃除や片づけが後回しになりがちな玄関。とくに夏場は汗で靴が蒸れやすく、ゲタ箱のいやなにおいに悩まされる方も多いのでは?

家事の効率化を提案する本間朝子さんに、簡単にできる対策を教えてもらいました。

玄関の悪臭は靴が原因。汗をかいた靴は、湿気を逃してから靴箱へ

“家の顔”であるはずの玄関なのに、靴のにおいが立ち込めて悪臭が。助けて! の声が続々。汗をかいた靴に細菌が発生し、玄関全体にイヤなにおいがこもってしまいます。

「靴は毎日同じものを履かず、一度履いたら2~3日休ませるのがベスト。履いたあとは湿気を逃してから靴箱に入れましょう。湿気を吸う木製シューキーパーやシリカゲル、消臭スプレーなどを使うのもおすすめ。靴箱も、ときどき開放しましょう」

●<ラクラク予防>靴の中にシリカゲルを入れる

スニーカーにシリカゲル
玄関の悪臭を絶つために

洗える靴は、コインランドリーにあるスニーカーランドリーを活用するとラク。
「洗えないものは、使用後にしっかり湿気を逃すのが大事。食品などの乾燥剤として使われる、シリカゲルを靴の中に入れておくのも効果的ですよ」

\ホンマ推しグッズ/

くつ消臭スプレー「除菌力に優れた消臭スプレーで、悪臭をカット。持続力も優秀です」
靴の先端にも噴射しやすいよう、逆さにして使用するタイプ。無香料でにおいも残りません。

・くつ&ブーツ消臭Agスプレー 220ml ¥368(協和)

冷房の効かない玄関の掃除に集中しすぎると、熱中症のリスクもありますのでくれぐれもご注意ください。掃除は快適に暮らすことが目的なので、がんばりすぎには注意を、と本間さんもアドバイス。

「できるだけ手間を省けるように、そもそも汚れがつきにくいよう予防したり、便利なグッズを活用するのも有効です。自分の力でなんとかしようと思いすぎず、便利なものに頼れば余裕も生まれます」

また、夏の掃除は完璧を目指さないことも重要です。

「気になるところだけ重点的に予防&ケアすれば、少ない労力で快適に過ごせますよ」

※紹介したアイテムの価格(税抜き)は撮影時点での編集部調べとなり、変動の可能性があります。ご了承ください。

<撮影/山田耕司、山川修一 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【本間朝子さん】

知的家事プロデューサー。仕事と家事に悩んだ経験から、家事を効率化するメソッド「知的家事」を考案。毎月無料セミナーを開催している。著書に『ゼロ家事』(大和書房刊)ほか