1. トップ
  2. 家事コツ

無印良品の名品。洗濯板にハンガーで、家事がこんなに変わる

2020.07.22
  • この記事を
    シェア

お気に入りの洗濯グッズはありますか? ほぼ毎日使い、目にすることも多い洗濯グッズ。だからこそシンプルで機能的、そして気に入っているものがいちばん!
ここでは、無印良品に詳しいミニマリストの星野きいろさんが、お気に入りの洗濯グッズを教えてくれました。

毎日の洗濯タイムをラクに楽しく!無印良品の洗濯グッズ

●軽くて丈夫で長持ち!見た目もシンプルおしゃれなアルミ角型ハンガー

アルミ角型ハンガーフレームがアルミ製でとても軽いのが特徴です。画像は6年ほど前のもので、今も現役で使っています。現在は半分にたたむことができるタイプに改良されており、収納スペースが少ないメリットがあります。

ピンチは衝撃に強いポリカーボネート製。透明のため、数が多くてもすっきりしているのもうれしいポイントです。ピンチ数やフレームが異なる5種類があり、家族構成や洗濯物の量に合った大きさを選ぶことができます。

・無印良品 アルミ角型ハンガー 990円~2990円(税込)

補修パーツもあります。

補修パーツプラスチックは紫外線で劣化しやすいことから、フレームとピンチを接続するパーツが壊れてハンガー全体を買い替えたということはありませんか?

無印良品ではうれしいことに補修パーツが別売で用意されており、壊れた部分だけ交換することができます。エコで節約につながりますね。補修パーツが店頭に置いていないときは、在庫のある店舗から取り寄せも可能です。

・無印良品 【パーツ】アルミ角型ハンガー ポリカーボネート仕様用 補修パーツ5セット入り 170円(税込)

●リバーシブルでストレスなし!両面使える洗濯ネット

両面使える洗濯ネットせっかく洗濯物をネットに入れたのに、ネットが逆だった…というがっかり経験はありませんか?
こちらの洗濯ネットは両面が使えるリバーシブル仕様のため、裏表を気にせず使うことができます。洗濯後にネットを裏返して中身を出しても、次にひっくり返さなくてよいメリットもあります。

ファスナーとメッシュ部分は真っ白、ファスナーの持ち手がグレーと落ち着いた色合いで、枚数が増えてもスッキリ感があります。
洗濯後の乾燥や収納に便利なフックヒモがついており、4種類のサイズごとにヒモの色が違う工夫も。使うたびにネットを広げてサイズ確認をすることなく、ヒモを見るだけで大きさがわかるのはいいですね。

わが家では毎日の洗濯だけでなく、旅行の着替えを仕分けるときにも使っています。下着などを入れても外から見てなにが入っているかわかりにくく、帰宅後にネットごと洗濯機へ直行すればよいのでラクですよ。

・無印良品 両面使える洗濯ネット 250円~550円(税込)

●靴下や体操服の予洗いに。軽くて扱いやすい洗濯板

洗濯板と靴下「洗濯板で洗う」と聞くと昔ながらの洗濯をイメージしがちですが、じつはひとつ持っておくと便利なアイテム。
無印良品の洗濯板は旅先で下着を洗うために生まれたため、トラベル用品に分類されています。17.5cm×10cmと手のひらサイズで洗面台で洗うのにちょうどよく、置き場所にも困りません。

無印良品らしい白で、素材はポリエチレン製。軽くて柔らかく曲がるため、洗面台の中でも洗いやすいです。穴があいているのでつり下げ収納も可能。
わが家では子どもの靴下や体操服といった泥汚れの予洗いなど、5年以上愛用しています。

・無印良品 洗濯板 350円(税込)

●肩にハンガーの跡がつきにくい。シンプルなアルミ製ハンガー

ハンガーアルミ製の軽くてシンプルなハンガーです。クリーニングの針金ハンガーと一見似ているようですが、先端が丸くなっており、肩にハンガーの跡がつきにくい形状など細かい工夫がされています。
すべりがよいため、わが家では子どもが服を取りやすいと感じています。プラスチックと違って折れたり色あせがなく、数が増えてもかさばらないのもうれしいです。

画像は41cmのもので、33cmの子ども用と、キャミソールなどの肩ひもをかけるくぼみがあるタイプ(41cm)もあります。

・無印良品 アルミ洗濯用ハンガー41cm(3本組) 290円(税込)

●お気に入りのグッズが見つかると、洗濯はもっと楽しくなります

シンプルで機能的な無印良品は、洗濯グッズも工夫やこだわりの品がそろいます。
毎日欠かせない洗濯だからこそ効率やおしゃれさにこだわったアイテムで、洗濯タイムをラクに楽しいものにしてみてはいかがでしょうか。

●教えてくれた人
【星野きいろさん】

滋賀県在住、転勤族の夫と小学生の息子と3人暮らし。引っ越しするたびに荷物の多さを感じ、ものを減らす暮らしに移行中。ブログ「自然体ミニマリスト」で愛用の無印良品アイテム、少ない服や物の暮らしを発信している。

このライターの記事一覧