1. トップ
  2. 家事コツ

家のトイレを交換。5社に見積もりを取った結果の決め手は?

2020.07.18
  • この記事を
    シェア

若松美穂のおいしい生活主婦業のかたわらエッセイストとしても活動する若松美穂さんが、楽しく、豊かに暮らすためのさまざまな工夫をつづります。

家の中の工事。見積もりを取ると頼みたい会社がわかる

自粛期間中、使用頻度も増えたからか、トイレに水漏れが起き始めました。

20年間使い続けたので「トイレも充分全うしたと思います」と言っていただき(笑)、部品もないとのことなので交換をすることになりました。
(わが家は一体型のトイレなので、部分交換ができず丸ごとの交換です)

カレンダーと電卓家の中のものの交換・購入・設置等がある場合、私は数か所から見積もりを取るのが好きです。“好きです”と言うのは、少しおかしいのですが、理由があります。
単純に、できるだけお安く…というのもありますが、低価格であればどこでもいいわけではありません。
見積もりを取ることで、安心してお願いしたいと思う会社が見えてくるのです。

私はネット注文&メールでの見積もりも含め、5社ほど、お願いしました。

●ネットより訪問見積りがラク

あくまでも私が体験した場合は…ですが、ネット注文は細かい部分の交渉が一度にできないため、一番高価に。こちらが写真を撮る、入力するなどの手間もかかります。
口頭でサっと質問できた方が、ラクに感じました。

●訪問見積もりの場合

・家に上がる際、名刺等で身分を提示する会社と、しない会社

・不足部品・廃材処理費などについて、細かい点を説明する会社と、こちらがうかがうまで説明のない会社(料金別、込みのところがあります)

・見積もりをすぐにつくり、品番等・割引額まで明確にする会社と「おそらく・多分」が多く、質問をしても明確な答えが返ってこない会社

・在庫確認をせず見積もりをつくる会社と、在庫確認できている会社

・見積もりを届けてくださる約束期限を過ぎてしまう会社

・延長保証が10年つくけれど有料or高価のところと5年まで無料、1年のみ無料の会社

などなど、ありました。

見積もりは、トイレ2台の交換で、43万・34万・31万・29万・28万円と、5社の間に違いがあり、消費者も知らないと損をしたり、得を見逃すことがあるのだなと感じます。

最終的に選んだ会社の決め手となったのは、こんなことです。

1.電話対応もいらした方も丁寧なだけではなく、到着前に、「10分後に着きます」と連絡をくださって、思いやりを感じた。
2.身分証明をされ、知識が豊富。最低価格28万円のところよりも、わが家が希望していた機能が付いたものを提案してくれた。
3.ほかの会社で勧めていただいたものとの違いを細かく説明してくれた。
4.見積もりや割引提案が、的確で早い。
5.「作業前にもう一度、金額の確認をしてから作業を開始いたしますのでご安心ください(追加料金がないことの確認)」と言ってくれたのはここだけ。
6.無料保証が5年ついていた。

さらに今回は、6月末までのクレジットでの5%還元も利用することを提案してくださいました。

大きな額ものを購入するときの方が、割引や差が大きな額になりますから、丁寧に比較・検討したいものです。

【若松美穂(わかまつみほ)】

お金をかけずにセンスと工夫でおしゃれに暮らすカリスマ主婦読者として、生活情報誌『ESSE』や『サンキュ!』などで紹介され人気者に。2011年、心理カウンセラーの資格を取得。主婦業のかたわら、エッセイストとしての執筆活動のほか、講演、各メディアへの出演など多方面で活躍。夫と娘2人、母親の5人家族。埼玉県在住。公式サイト「“いま”と“みらい”のへや」にて最新情報を更新中

このライターの記事一覧