1. トップ
  2. 家事コツ

週に1回まとめ買いのついでに。野菜不足を防ぐ簡単な習慣

2020.06.15
  • この記事を
    シェア

「料理」という家事の中には調理だけでなく、洗い物やゴミの処理などにも時間がかかります。
「まとめ買いと下ごしらえで料理の手間は大きく省けます!」と話すのはライフオーガナイザーの下村志保美さん。野菜不足も回避できるという、時短の工夫を教えていただきました。

まとめ買い&野菜の下処理で料理のハードルがぐっと下がる。野菜たっぷりの食卓に

●まとめ買いで時間とお金の節約に

たくさんの野菜
まとめ買いとちょっとの工夫で料理の時短に

普段、1週間に一度のペースでまとめ買いをしています。
メリットはなんといっても買い物にかかる時間を軽減できること。スーパーが近くにあったとしても往復の時間、店内を歩く時間、レジに並ぶ時間…チリも積もればです。

また買い物に行く回数が増えると、つい店内で「これよさそう!」と商品が気になって出費も増えます。

●洗う、切る、ゆでるは一気に

買い物から帰ったら、いつも野菜を一気に「すぐ使える状態」にしておきます。

ゆでた野菜コマツナやホウレンソウ、ブロッコリーはゆでて保存容器に。

カットした野菜レタスなどのかさばる野菜は洗って適度な大きさに分け、ポリ袋に。

こうすることで包丁やまな板、ザルやボウル、鍋などの調理器具を洗ったり乾かしたりする手間が省けます。

まとめて下ごしらえすることで、キッチンの水はねをふいたり、排水溝のゴミを掃除する手間も1回ですみます。

●野菜の鮮度が落ちてきたなと思ったら

葉物の鮮度が落ちてきたら加熱調理したり、調味料であえたりして「料理」にしてしまいます。

こちらは洗ってカットしてあったニラを鶏ガラスープの素とゴマ油であえたもの。

ニラを鶏ガラスープの素とゴマ油であえたものキュウリは塩もみしてサラダに入れたり、レタスは炒めものやスープに入れたり。

洗ってカットしてあるからこそポイッとお鍋に入れるだけでよく、調理のハードルが下がります。

●タマネギは皮をむいて冷蔵庫に

皮をむいたタマネギタマネギの皮むきは地味に面倒。
買ってきたタマネギは皮をむいてから冷蔵庫に入れ、早めに使いきります。
こうすることですぐ使えるだけでなく、冷蔵庫内に皮クズが落ちて汚れることも防げます。

●冷凍庫にカット野菜があると便利

キノコなどカットした野菜大根、ニンジン、長ネギ、タマネギ、キノコミックス…。これはわが家の冷凍庫にあるカット野菜。
使いやすい大きさにカットして冷凍庫に入れておけば、買い物に行く時間がなかったとき、帰りが遅くなってすぐに夕食をつくりたいときに役立ちます。

冷凍庫から取り出してお鍋やフライパンに入れるだけ。
忙しくても野菜不足のにならないための備えです。

●ゴミの日対策にも効果的

わが家は週に2回しか生ゴミが出せないため、これから季節、ゴミの臭いが悩みの種。肉や魚も含めてゴミの日の前日をまとめ買い&下ごしらえの日と決めています。

こうすることでゴミ箱に溜まるゴミの量も調整できるし、嫌な臭いが出る前にゴミを出すことができます。ぜひ試してみてください。

●教えてくれた人
【下村志保美さん】

ライフオーガナイザー、ファイナンシャルプランナー、家計アドバイザー。「空間・お金・心」の3つを整えることで、忙しい女性をサポートする「PRECIOUS DAYS」を主宰。著書に『片づけのプロが教える心地いい暮らしの整え方』(三笠書房刊)がある

このライターの記事一覧