日傘、長グツ、麦わら帽子。しまい込む前にやるべき夏のグッズのメンテ術
2016.09.13

 この夏に重宝した様々なグッズ。来年気持ちよく使うためにも、きれいにしてから保管しておきたいですよね。洗濯王子の中村祐一さんに、困りがちなグッズのメンテ術を伺ってみました。

夏が終わったらコレをきれいにしておきたいQ&A

Q:黒ずんだスジがついた日傘はキレイになりますか?

A:中性洗剤をつけた食器用スポンジでスジをなぞり洗い

1「タライ1杯分のぬるま湯にキャップ1杯の中性洗剤を入れます。この洗剤液に食器用スポンジを浸し、スジを優しくなぞると、汚れが落ちますよ。すすぎはシャワーを使うと簡単です」

Q:ムレてにおいが気になる長靴の内側。これは洗える?

A:ドライヤーの熱風を当てて除菌と脱臭をすればOKです

2「熱風を当てることで、裏地の除菌と脱臭ができて、清潔に保てます。ただし、ゴムが変形する可能性もあるので、ドライヤーは近づけすぎず、さっと短時間ですませるのがポイントです」

Q:雨や外気で薄汚れた麦わら帽子やカゴバッグ、どうお手入れしたらいい?

A:すき間に入った汚れをブラシでかき出して

3「ものにもよりますが、水洗いは型崩れの原因になるので避けた方がいいですね。代わりに繊維の奥に入り込んだホコリやゴミをかき出すため、洋服に使うブラシでこまめにケアを」

洗濯王子の中村祐一さん【中村祐一さん】
1984年、長野県生まれ。国家資格クリーニング師。長野県にて家業の「芳洗舎」3代目を務め、「洗濯王子」としてテレビや雑誌でも活躍。http://www.sentaku-yuichi.com

<撮影/山川修一>