1. トップ
  2. 家事コツ

快眠は清潔な枕から!プロが教える洗濯機を使った洗い方

2016.09.24
  • この記事を
    シェア

 毎日使うものだから、できるだけ清潔にしておきたい枕。じつは素材によって、洗えるものなのです。洗濯王子として活躍する中村祐一さんに、家庭でできる洗い方を聞いてみました。枕元で読書を楽しむもよし!心地よく眠りにつくもよし!すっきり枕で、気持ちのいい秋の夜長を満喫しましょう。

まずは絵表示を確認。洗濯機で洗えるかをチェック!

●フェザー
羽毛素材は、基本的に家庭での水洗いが可能。ただし、乾燥に時間がかかるので、天日干しや乾燥機で効率よく乾かして

●綿
素材が中綿やポリエステルなら問題なく家庭の洗濯機で洗えます。ただし、綿100%の場合は乾燥後、綿がかたくなる可能性も

●そばがら
洗濯機、手洗い問わず、水洗いは避けたい素材。吸湿性に優れ、寝ている間の汗をよく吸うため、天日干しをしてお手入れを

●低反発
ウレタン素材が破けてしまうため、水洗いNG。ただし最近では、丸洗いできる低反発枕も登場しているので、表示をチェック!

絵表示を確認してOKなら枕を洗濯機へ!

【1】じかに洗剤をつける

1よだれのシミや汗、頭皮の皮脂汚れなど、気になる部分に中性洗剤を直接つける

【2】枕を2つ用意し一緒に入れる

2洗濯中にガタガタ揺れると綿が片寄ってしまうので、2つ一緒に入れてバランスを保つ

【3】手洗いコースを選ぶ

3手洗いコースなど、優しく洗うコース設定をし、適量の中性洗剤を入れて洗濯機で洗う

【干し方】

4ハンガーに両端を引っかける。手でたたいて中の綿を均一に戻す。2つのハンガーに枕の両端を通して、干しザオに干す

洗濯王子の中村祐一さん【中村祐一さん】
1984年、長野県生まれ。国家資格クリーニング師。長野県にて家業の「芳洗舎」3代目を務め、「洗濯王子」としてテレビや雑誌でも活躍。

<撮影/山川修一>