1. トップ
  2. 家事コツ

バスマットを捨てたら、イヤなにおいも浴室まわりのカビも解決

2020.06.04
  • この記事を
    シェア

梅雨時期になると話題になるのが洗濯やカビのこと。洗濯物がなかなか乾かないときの生乾きの臭いや、お風呂場などの水まわりに出やすくなるカビ、気になりませんか?
今回はライフオーガナイザーの尾花美奈子さんが、バスマットを捨てて代わりに導入したものについて教えてくれました。

洗面所
梅雨どきのカビや臭い、バスマットをなくすことで改善します

バスマットの「洗えない」「乾かない」問題はこれで解決!

私が以前困っていたのがお風呂場のバスマット。いわゆる一般的なバスマットで、裏側に滑り止め加工がされているので衣類とは一緒に洗えず、単独で洗わなければなりません。
そうなると毎回洗うのは面倒で、何回か使ってからにしようと思うと使い続けてしまって衛生面が気になるし、洗ったら洗ったでなかなか乾かず、とくに梅雨時期には頭を悩ませる存在でした。

そんなバスマットでしたが、今は別のある物を代用して手放したことで問題は解決し、さらにお風呂場のカビ問題も解決しました。今回はそのことを話したいと思います。

●手間がかかるバスマットって必要?ほかに代わる物は?

私には手間がかかったバスマット。ほかにもっと手軽な商品は代わりにないかな? と探すようになりました。
珪藻土のバスマットも気になったのですが、「敷きっ放しで大丈夫と言うので敷きっ放しにしていたらカビが生えた」とか、「使っているうちに汚れてくるのでそのときは紙やすりをかける」というコメントが、私にはさらにハードルが高く感じ、「カビさせないためには立てかけて乾かした方がいい」というのも、重い珪藻土を子どもが倒したらと心配で選択肢から外しました。

●足をふくだけならフェイスタオルだっていい!

そんなとき、きっかけになったのが大雨でした。大雨の中を歩いて帰ってきて靴の中まで濡れてしまった子どもを玄関で裸足にさせ、下駄箱に常備している古いフェイスタオルで足をふいていたとき「これでいいじゃん!」とひらめきました。お風呂上りも足をふければバスマットでなくてもなんだっていいのです。

タオルお風呂で汚れを落としてきた足を少しの間のせただけなら十分キレイで、使い古しとは言えフェイスタオルですからほかの衣類と一緒に洗濯機に入れて洗ってしまいます。これで別洗いをする手間の問題は解決できました。

●100円ショップのタオルが乾きやすくて便利

今は100円ショップで買ったフェイスタオルを使っています。もちろん使い古しでもいいのですが、元々は入浴時に使っていたタオルなので、洗濯して取り込んだときに今使っているタオルと混同してしまいそうだったので、区別するために100円ショップで違うタイプのフェイスタオルを購入しました。

フェイスタオルをひっかける100円ショップのタオルは薄くて乾きがよく、梅雨時期でも翌日の入浴時にはすっかり乾くので毎日洗濯してもなんの問題もなく、衛生面での問題も解決できました。
家族の人数によっては1枚ではたりず2、3枚必要になるかもしれませんが、かさ張らないしすぐ乾くので心配ありません。

●さっとひとふきでお風呂のカビ防止にも活躍

蛇口を拭くそのフェイスタオルは洗濯機へ入れる前にもうひと活躍してもらいます。浴室の濡れた壁やドアをふいて水分を取り除けばカビ防止になります。スクイージーよりも細かい部分まで水分が取れるので、カビだけでなくカルキも付着しづらくなったといううれしいおまけもありました。

ドアの下の換気口を拭くドアの下の換気口もふいています。毎日のようにふいていると汚れがつきませんよ。

バスマットの洗濯の手間を省きたかったのがお風呂のカビ防止までできてしまいました。
梅雨入りのこの時期、皆さまの参考になれば幸いです。

●教えてくれた人
【尾花美奈子さん】

ライフオーガナイザー、親・子の片づけインストラクター。片づけが苦手なワーキングマザーやこどもの立場に立った、楽で早く片づく収納のアドバイスやセミナーを実施。ブログ「片づけられない家族とのスマートシンプル空間」を日々更新

このライターの記事一覧