シワとりならアイロンよりドライで洗濯を!若松美穂さんのラクする家事術
  • この記事を
    シェア

2016.09.22

 40代となって「自分ががんばりすぎなくても家族から不満が出ない、みんなが居心地がいいと思える暮らし方」を実践するようになった若松美穂さん。カリスマ主婦としてがむしゃらに過ごしてきた時期を経て、自分自身のための時間を過ごすことが大切と考えるようになりました。「その時間をつくるためにはどうしたら家事が効率になるかと、ずっと研究しています」。そんな若松さんが、毎日の暮らしの中で実践している家事コツを紹介してくれました。

毎日の暮らしの中で実践している家事コツ

手を抜いてもOKなことは意外にたくさんある!

●洗濯物はハンガーのまま各自の部屋へ。あとは家族にたたんで片づけてもらう

洗濯物はハンガーのまま各自の部屋へ。あとは自分でたたんで片づけてもらいます 活動的な子どもが2人ということもあり、どうしても洗濯物の量が増えがちに。そこで若松さんが考えたのが、それぞれの部屋のドアにフックを取りつけること。乾いた洗濯物はそこにかけたり、ベッドの上に置いておくだけ。自分のものは自分で片づける習慣とともに、「あれどこ?」と聞かれる時間や手間が減りました。

●シワだらけになった洋服はアイロンがけより「ドライ」で洗濯してしまう

シワだらけになった洋服はアイロンより「ドライ」で洗濯 タンスの中に長い間収納していたらシワシワに…。あわててアイロンをかけるってことありませんか?「シワになってしまった洋服を一生懸命アイロンがけするよりも、前日のうちに洗っておいた方がラクですよ」。

●洗濯槽まで洗える洗剤を使用。時短や効率アップだけでなく節水にも効果あり!

洗濯槽まで一度に洗える洗剤に変えたら時短や効率アップだけでなく節水までできました「洗濯物の汚れって、洗濯機自体が汚れていると取りきれないんですよね」と、以前はこまめに洗濯槽の掃除までしていたという若松さん。洗濯時に洗濯槽の汚れまでしっかり落としてくれる洗剤を見つけてからは、「この洗剤にすべておまかせです」。

●娘や自分のブラウスは見えるところだけアイロンがけを

娘や自分のブラウスは見えるところだけアイロンがけしています「ブラウスのアイロンがけは、衿や袖を丁寧にプレスし、あとは見えるところだけと、かなり手を抜くようになりました」。ベストや上着で隠れるシャツなら、背中や前身ごろはざっくりかけるのみに。

【若松美穂】
1972年、宮城県生まれ。お金をかけずにセンスと工夫でおしゃれに暮らすエッセレポーター。料理好きの夫と長女(17歳)、二女(13歳)の4人家族。著書に『理想と違う自分を好きになる』(双葉社)『主婦が幸せになる53の方法』(双葉社)など
<撮影/大森忠明>

理想と違う自分を好きになる

「理想の家庭」「理想の子育て」など、自分でつくりだした「理想」にしばられて苦しんでいる、そんな女性たちに届けたい心の処方箋。


主婦が幸せになる53の方法

平凡な日々こそ愛おしい―30代~アラフォーの女性が向き合う自分自身の生き方、子育て、夫婦関係、親子関係などを等身大で綴ったエッセイ集。