ひと夏でホコリだらけに!!安全に使い続けるための扇風機の掃除方法
  • この記事を
    シェア

2016.08.17

 エアコンが苦手という人にはありがたい扇風機。この猛暑に大活躍していますが、あと1か月ほどで一旦はお役目終了します。だからといって、シーズン終了とともに押入れに直行、なんていうのは考えもの。気づいてましたか?ひと夏使い続けた扇風機を見ると、じつはホコリがびっしり!来季に安全に利用したいのなら、きちんとお手入れしてからしまうことが大切です。そのまま使い続けると、家族がホコリを浴び続けることに。さらには、羽根から入り込んだホコリがモーターを傷めることも…。

 家電のお掃除テクを紹介しているESSE9月号「簡単テクで家電の汚れをすっきり」にも登場する、お掃除ブロガーの東いづみさんに、扇風機のメンテナンスについて聞いてみました。

必要なのはハンディーモップ、ぞうきん、スポンジだけ

「扇風機は、ガード部分の編み目や羽根にびっしりホコリがたまりがち。外せる部分は外し、水洗いするとすっきりしますよ」。

1.ホコリを落としながら分解する

ホコリを落としながら分解する 電源を抜き、ハンディーモップなどで表面のホコリを落としながら、ガード部分や羽根などのパーツを外します。「ホコリがひどければ、新聞紙などを敷いて行いましょう」。

2.パーツを水ぶきする

パーツを水ぶきする 外したパーツは、かたく絞ったぞうきんで水ぶき。「パーツを外せない部分も同様に水ぶきして全体の汚れを落とし、最後にからぶきします」。

3.パーツを水洗いする

パーツを水洗いする パーツの汚れが水ぶきで落ちないときは、水洗いを。「キッチンなどに置いて油汚れがついている場合は、キッチン用中性洗剤を使うのがおすすめです」。

4.ゴミ袋をかけてしまう

ゴミ袋をかけてしまう「パーツはよく乾かしてから本体に取りつけましょう」。そのまましまう場合は、ホコリよけにゴミ袋をかけておくと◎。

 パーツが取り外せる扇風機は、掃除がしやすい家電のひとつ。ただ、「家電は、基本的に水を嫌うので、機械部分は直接濡らさないように注意が必要です」。ホコリがたまっていると、性能も発揮しきれなくなるので、来年に備えてきれいにしてみてください!

●教えてくれた人
【東いづみさん】
夫と長男(5歳)、双子の長女、二女(4歳)の5人と猫4匹と暮らす。掃除をテーマにしたブログ「子供とペットとスッキリ暮らす」(http://ameblo.jp/sukkirikurasu/)が話題に。著書に『子供とペットとスッキリ暮らす掃除術』(KADOKAWA刊)ほか

<撮影/難波雄史>

ESSE(エッセ)2016年9月号

今月の表紙&ESSE's INTERVIEW/長谷川京子さん

全国書店・コンビニ・オンライン書店等で発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

子供とペットとスッキリ暮らす 掃除術 東(ひがし)さんちのアイデア50全部見せ

月間約50万アクセスの、大人気お掃除ブログ『子供とペットとスッキリ暮らす』がついに書籍化!