1. トップ
  2. 家事コツ

黒ずんだまな板は電動ヤスリで削れば新品同様に

2019.12.28
  • この記事を
    シェア

<モデル・AYUMIのあゆんこの巣>こんにちは、モデルのAYUMIです^^旦那さんと2人の子どもの4人家族☆日々の食事や健康につながること、大好きなアウトドア、家族や友達と過ごす大切な時間など、暮らしにまつわることを発信していきたいと思います。体によいことが好きなので、みなさんの“暮らしのヒント”につながっていけたらうれしいです♪

木のまな板は、削ればいつまでも新品に!

●電動ヤスリがあれば、自宅で簡単に手入れができます

まな板
まな板を削ってみました
木のまな板を使っていると、だんだん黒ずんできて、汚れが目立つようになりますよね。
だけど、そのたびに買い替えをしていたらもったいない。わが家には電動のヤスリがあるので、それでまな板の周りをグルッと削っています。

そうすると…

削りおわったまな板と電動ヤスリとてもキレイに! まるで新品のようになりました。

数る前のまな板の側面側面も。

削りおわったまな板の側面上の写真が削る前、下の写真が削ったあとです。
自分で削るのは難しい! と思うかもしれませんが、平らになるように気をつければ大丈夫です! やってみるとそんなに難しくないですよ♪
もしくは、得意な人に頼んでみてもいいかもしれません。

じつは、このまな板を削ってきれいにするのはもう3回目。
購入してから約2年半なので、だいたい半年に1回くらい削っていると思います。

●電動ヤスリがなければ、材木屋さんに持って行って

電動ヤスリを使う前は、近所の材木屋さんに持って行き、1000円くらいで削ってもらっていました。
キレイにしてもらうと、新品のように気持ちよく使えるのが嬉しいです。

だいぶまな板の厚みが薄くなってきましたが…。まだまだ大切に、使いたいと思います。
皆さんも、もし木のまな板をもっていたら、ぜひ試してみてください!

【AYUMI】

ティーンのころからファッションモデルとして活躍。結婚・出産を経た現在は、ファッション誌、主婦向け雑誌やカタログ、テレビなどに出演し幅広い層から人気を得ている。ローフードマイスターやスーパーフードマイスター、オーガニックアドバイザーの資格を取得しており、著書に『さいしょは、フルーツ』(主婦と生活社刊)、『おしゃれなのに、簡単! 92レシピ AYUMIのアウトドアクッキング』(講談社)、『ローフード・発酵・雑穀でつくるAYUMIごはん』(主婦と生活社)などがある

このライターの記事一覧

【この記事も読まれています】