忙しい人もできるバスルーム大掃除。新築みたいにピカピカに
ESSE編集部
2019.12.06
  • この記事を
    シェア

カビ、水アカ、皮脂と、たくさんの汚れが存在するバスルームは、大掃除の要。1年かけてたまった汚れは落とすのに時間がかかって大変。

そこで清掃と洗剤のエキスパートである茂木和哉さんに、大掃除の時短術を教えてもらいました。効率的なスケジュールと方法で取り組めば、簡単に汚れが落ちますよ。塩素系漂白剤を使うので、準備と換気には十分注意してください。

バスルーム
浴室の効率的な大掃除方法を教えます!

1年に1度の大掃除!塩素系漂白剤を使って汚れスッキリ

ひと目でわかる! 浴室掃除のスケジュール
<前日>
入浴の際にバスグッズを出しておく
<当日>
浴室の天井、壁を掃除する(20分)
浴室のカビ、ヌメりに塩素系スプレーを吹きつける(5分)
 ↓(20分放置)
浴室の塩素系スプレーをシャワーで流す(5分)
 ↓(1時間以上換気する)
鏡や蛇口の水アカ、排水口の汚れを落とす(15分)

バスグッズ前日、入浴したときにバスグッズは出しておくことが時短のポイント。
家族が入浴し終わったら、シャンプー、リンス、体を洗うタオルなどをバスルームから取り出しておけば、大掃除にすぐ取りかかれます。

●マスクと手袋を着用し、窓がある場合はあける

手袋を装着した女性バスルームの掃除で使う塩素系漂白剤は、刺激が強いので、マスクと手袋を必ず着用すること。バスルームに窓があればあけて、換気を!

●塩素系漂白剤を100倍に薄めて天井と壁にサッと塗る

塩素系漂白剤を入れる水に対して1%の塩素系漂白剤を入れます。柄つきスポンジを洗浄液に浸し、天井→壁の上から下の順に塗って乾かすだけ。

作業をしている女性液をつけすぎると、顔や体にかかる危険があるので、少量を含ませてサッと塗って。フローリングワイパーとペーパータオルを使ってもOKです。

●カビやヌメリが気になる部分に塩素系スプレーを吹きつける

作業をしている女性バスタブと壁の隙間や、バス小物のヌメりやカビに塩素系スプレーを吹きつけたら、20分放置。イスやオケの裏にはピンク色のカビが隠れていることも。ガンコな黒カビ予備軍なので要注意!

<20分放置>

●スプレーを吹きつけた部分をシャワーでよく流し、汚れが残っていればスポンジや曲げた歯ブラシでこする

シャワーで流すスプレーした部分をシャワーでよく流し、汚れが落ちきっていない部分は、曲げた歯ブラシやスポンジでこすって落とします。

スポンジでこする次の手順に移る前に、1時間以上よく換気を。換気中は他の家事にも手が回りますね。

<1時間以上換気する>

●排水口のパーツに塩素系スプレーを吹きつけ、その間に鏡やカランをクレンザーとラップでみがく

シャワーの水圧で軽く汚れを落とす排水口のパーツについた汚れをシャワーの水圧で軽く落としたら、塩素系スプレーをたっぷり吹きつけます。水アカがたまる鏡やカランは、ラップにクレンザーをつけてみがいて。

塩素系スプレーをたっぷり吹きつける最後に洗剤を流して完了!

発売中のESSE1月号「忙しい人専用 大掃除術」特集では、絶対に3時間で終わるスケジュールと方法を公開。ぜひ参考にしてみてください。

※塩素系漂白剤など「混ぜるな危険」の表示がある洗剤は、酸性のものと混ざると有毒ガスが発生します。クエン酸など酸性のものと混ぜるのはもちろん、酸性洗剤の直後に使うのも避けてください。また、洗剤のなかには、建材や設備機器によっては使用できないものが含まれている場合があります。建材や設備機器の取扱説明書、また洗剤の注意書きをよく確認してから使用してください。各種洗剤を使用する際は、ゴム手袋などを着用してください

<写真/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>

ESSE1月号

ESSE1月号

今月の表紙&ESSE's INTERVIEW/麻生久美子さん 全国書店・コンビニ・オンライン書店等で発売中! 詳細・購入はこちらから

購入