11月中に大掃除すべき4つのエリア。メリットがこんなにも!
2019.11.12

新年まで1か月半。年末の大掃除を11月中にすませて、余裕の年末年始を過ごしてみませんか?
ものを減らす暮らしについて発信しているミニマリストの星野きいろさんが、11月の大掃除を提案してくれました。

本格的に寒くなる前がチャンス!11月中に大掃除をすませてしまいましょう

●外回りの掃除

外回りの掃除
上着なしで外を掃除できる今が大掃除のチャンス!
ベランダや窓・網戸などの外回り掃除は、暖かいうちにすませてしまうのがおすすめです。寒いと外に出るだけでもおっくうで、さらに冷たい水を使うとなると掃除のハードルが上がってしまいますよね。

もこもこした上着を着ながらの掃除は動きにくく、汚れたときの洗濯も大変です。地域にもよりますが、11月の晴れた昼間なら上着なしで外掃除ができる日も多いでしょう。

夏は風の通り道であった網戸もホコリがついています。網戸は掃除機でホコリを吸った後、メラミンスポンジでこすると簡単にきれいになります。メラミンスポンジは100円ショップで手に入り、汚れたら手軽に取り替えられるのが魅力です。

●カーテンの洗濯

カーテンの洗濯汚れていないように見えても、意外と汚れているのがカーテン。丸洗いするとスッキリしますよ。

晴れて暖かい日を狙って洗濯してしまいましょう。脱水後はカーテンレールにつり下げるだけでOKです。網戸にして風通りをよくしたほうが乾きやすいこと間違いなし。窓をあけっぱなしにしておくためにも、11月中の方がいいですね。

カーテンを洗濯する前に、窓や網戸の掃除をすませてしまうのがおすすめです。カーテンに汚れがつきにくく、カビ防止にもつながります。洗濯をしている間にカーテンレールの掃除をお忘れなく。意外とホコリがたまっているものですよ。

●キッチンのレンジフード(換気扇)

キッチンのレンジフードキッチンの大掃除で大変なのがレンジフード(換気扇)です。油とホコリが混ざったベタベタ汚れは手強いですね。
毎日料理をすると、汚れ防止のフィルターをつけていても細かい部分の油汚れは避けられないものです。寒くなると油が固まる上に水温も下がり、汚れの落ちにくさが倍増。なるべく暖かいうちに済ませてしまいましょう。

●エアコン掃除

エアコン掃除暑い夏はフル稼働だったエアコンも、涼しくなって使う機会が減ったというお宅も多いのではないでしょうか。

寒くなると今度は暖房で使う機会が増えるため、その前に掃除をしておきたいところです。掃除をするとエアコン内の風通りがよくなり、暖房効率もアップ。節約&エコにもなりますね。

12月は年賀状や帰省、お正月準備などやることが多くて慌ただしい時期です。大掃除といえば年末のイメージですが、寒い中での水仕事は辛いもの。
令和最初の年末を余裕を持って過ごすためにも、今年は11月中に大掃除を済ませてみてはいかがでしょうか。

●教えてくれた人
【星野きいろさん】

滋賀県在住、転勤族の夫と小学生の息子と3人暮らし。引っ越しするたびに荷物の多さを感じ、ものを減らす暮らしに移行中。ブログ「自然体ミニマリスト」で愛用の無印良品アイテム、少ない服や物の暮らしを発信している。

このライターの記事一覧