フル稼働中のエアコンや扇風機の効きをよくするための工夫
2019.08.17

若松美穂のおいしい生活こんにちは。若松美穂です。主婦業のかたわらエッセイストなどもやりつつ、楽しく、豊かに暮らすためのさまざまな工夫を提案しています。テーブルまわりを中心に、生活のなかの小さな発見をつづっていけたらと思っています。

この時期の乾燥の速さを活かして、掃除をスピードアップ

連日、暑さが続いていますね。

この季節は体力の消耗など、大変なこともありますが、“この時期なりのいい点”…もあるように思います。

空たとえば、洗濯物の乾きが早く、寝具など大きいものの洗濯がしやすいこと。
みんな寝ている間もたっぷりと汗をかくので、次の洗濯物を洗っている間に前に干したものが乾いているのは、本当に助かります。

また気になるのはリビングに敷いているじゅうたん。
わが家は夏場、ほぼ全員が家の中を裸足で歩くので、たまったにおいや汚れがあるのだろう…と気になっていました。

そこで、コインランドリーで洗濯。
毛足の長いじゅうたんなので、22キロ入る洗濯機を選びました。

じゅうたん大きさもあり厚さもあるため、一度では乾ききらず、さらに16分(100円×2追加)乾燥機にかけました。
それでもちょっとしめっていたので、家に持ち帰り、外で干してみたら、完全乾燥。バンザイ!!
冬だったら、こうはいかなかっただろうと、喜んでおります。

洗濯物だけではなく、ほかのものもササっと乾くからこそ、待ち時間が短くて、家事が進みます。

扇風機洗面所はドライヤーやヘアアイロンなどを使うため、暑くなりがち。
少しでも涼しくなるように…と、わが家では洗面所に扇風機を置いています。

でも、湿気が多い場所に加えて、タオルなど布類も使うため、羽やカバーの部分にはホコリがつきやすく、マメに掃除が必要です。
部品たちも、洗って庭に干したら、すぐに乾いてくれるので大助かり。

トイレ換気扇お手洗いは、換気扇の掃除を怠ると、空気の交換が鈍くなり、においがこもりがちになることも。

トイレ換気扇1階と2階、両方のフィルターを洗って干し、おトイレ掃除やフィルター周辺の掃除を終えると、フィルターは、もう戻せるくらいに乾いていて、待ち時間なくトイレ掃除終了~~~~!

フィルターエアコンも、換気扇も、効果を発揮するためにはフィルター掃除が必須です。

エアコンフィルター家全体で4台のエアコンがあるので、それを順番に掃除して干す…を繰り返していると、最初に洗ったフィルターが戻せる状態に。掃除がサクサク進みます。
よ~く水をきってから干すと、さらに乾きが早くなるかな。

あくまでも私の場合ですが、家事をしつつ気持ちのいい汗をかくことができるので、ひと運動した感じを味わうことができるのも、またうれしいところです。

【若松美穂(わかまつみほ)】
お金をかけずにセンスと工夫でおしゃれに暮らすカリスマ主婦読者として、生活情報誌『ESSE』や『サンキュ!』などで紹介され人気者に。2011年、心理カウンセラーの資格を取得。主婦業のかたわら、エッセイストとしての執筆活動のほか、講演、各メディアへの出演など多方面で活躍。夫と娘2人、母親の5人家族。埼玉県在住。公式サイト「“いま”と“みらい”のへや」にて最新情報を更新中

このライターの記事一覧