意外と見られています!窓のサッシを掃除して気分すっきり
2019.07.02
  • この記事を
    シェア

梅雨の時期、雨が降らない日があると気になるのがサッシの汚れ。
「窓を閉めていてもサッシの溝にはホコリや土などの汚れがたまるし、雨の後は汚れが筋になって残ったり、固まっていることも。でもここがきれいだと、家全体がきれいな印象になります」というのは、家事や掃除をラクにする工夫を発信し、著書もあるAyakaさん。
汚れやすい窓のサッシのお掃除方法を教えていただきました。

サッシ
汚れがたまりやすいのがサッシ

サッシが汚れていると家全体が汚れた印象に。ぜひここだけは掃除しましょう

まず初めに、やわらかいブラシでたまったホコリや土をはらいます。
100円ショップやホームセンターでハケが売られているので、1本あるとサッシだけではなく家のいろいろなお掃除で使えるのでおすすめです。

やわらかいブラシでたまったホコリや土をはらう様子軽くさっさっとホコリや土を集めるようにします。

集めたホコリや土こんなにホコリや土が集まりました。掃除機やティッシュなどで取るか、外にはらいます。

ホコリや土を取り除いた様子ハケだけでもここまできれいに!
簡単なお掃除だったらここまででも十分かもしれませんが、今回はもう少し進めてみます。

●洗剤と硬めのブラシで奥の汚れをかき出す!

先ほどはやわらかいハケで汚れをとったので、次は少し硬めのブラシで奥の汚れや固まった汚れを取り除きます。

洗剤と硬めのブラシわが家ではウタマロクリーナーと、隙間掃除ブラシをいつも使っています。
ブラシにクリーナーを吹きつけて掃除すると、固まった汚れもきれいになりますよ。

ハケでは取り切れなかった奥の汚れを固めのブラシでかき出す様子このように、ハケでは取り切れなかった奥の汚れを固めのブラシでかき出します。

子どもが手伝っている様子わが家の下の子も楽しくお手伝いしてくれました。

●水を流すときの便利グッズを100円ショップで見つけました

ここで洗剤を洗い落とすのですが、便利グッズが100円ショップにあります。

ペットボトルにつけるブラシ ペットボトルにつけるブラシなんです!

これを水の入ったペットボトルに設置すると…

ブラシを水の入ったペットボトルに設置した様子こんな感じ!

ペットボトルを押すとブラシ部分から水が出てきます。
押す力によって水の量が自分で調整できるところが使いやすいんです。

水を出して掃除する様子洗剤を落とすように水で流し、あとはタオルでふき、必要であればアルコール除菌をするとよいと思います。

●窓のサッシ掃除、Before→Afterはこちら!

【BEFORE】

掃除前のサッシの様子ホコリの上に雨の流れたあとや指のあとが残り、汚れが固まっているのも見えます。

【AFTER】

掃除後のサッシの様子これが掃除のあと。かなりきれいになりました!

気分もすっきりする窓のサッシ掃除、ぜひ試してみてくださいね。

●教えてくれた人
【Ayakaさん】

お掃除スペシャリスト1級、ルームスタイリスト1級。5歳と2歳の子どもをもつ母。2016年にマイホームを建てたのを機に、掃除、収納、日々の暮らしをSNSに投稿するように。書籍『時間もお金もかけない!ほったら家事』を出版